愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋【なごみや】

内臓の循環やホルモンバランスなど体の中から歪みを整える整体院

  • 無題7
  • 0000553434.jpg
  • 0000553473.jpg
  • ホームページバナー5

HOMEブログページ ≫ 自律神経失調症 ≫

Blog&症例報告

自律神経失調症と対人恐怖症の原因

ブログ画像

こんにちは和屋院長の小田です

本日は自律神経の乱れによる

原因不明の慢性疲労と動悸、対人恐怖症にお悩みの

20代男性Yさんのお話しです

 

 

Yさんの動悸や疲れが取れないという症状は

2回の施術でほぼ改善し

対人恐怖症も2ヶ月弱の施術で無くなりました

 

 

Yさんは当院に来院する前に

心療内科での治療を受けており

「気の持ちよう」と最終的な診断をされ

当院に駆け込んで来られました

 

 

なぜ心療内科でも全く改善しなかった

対人恐怖症や自律神経失調症が

2ヶ月ほどで改善し毎日を楽しめるようになったのか?

 

 

当院では、恐怖症や不安症、パニック障害など

普段、心の問題とされる症状の原因は

心の問題ではなく、内臓の循環や、呼吸、ホルモンや代謝など

人体の生理機能の問題として捉えています

自転車のチェーンが錆びると、ペダルが重たくなるのと同じように

体の酸化が進むと内臓の動きは鈍り、生理機能は重たくなります

体に余裕が無くなったことで、人との会話や

他人の目、他人の感情といった

誰もが気にするストレスの処理が出来なくなるのです

 

 

「体に余裕が無いから心に余裕が無くなる」

 

 

恐怖や不安という感情は不要なものでしょうか?

人は恐怖や不安という感情が存在することで

危険を回避し安全に生活することが出来ます

確かに楽しみや喜びといった感情と比べると

恐怖や不安は強いストレスを生みます

でも恋愛でのドキドキはどうでしょう?

好きな人に嫌われたくない

誘いを断られたらどうしよう?

そんな感情から恋愛の甘く切ない感情が生まれるのです

なかにはこのドキドキを楽しみたいと思う人までいます

 

 

当院独自の検査法により

内臓の機能が低下している原因を特定し

自律神経を整えることで

体の余裕が生まれます

体に余裕が出来ることで

今までストレスと感じていたものが

楽しみや幸せと感じるのです

 

 

今まで苦痛となっていた人との会話も

実は自分を成長させてくれるとても大切な時間です

相手のことを知り、自分を知ってもらうことの幸せを感じて下さい

また、周りが何を考えているのか分からないからこそ

人との関わりは楽しいのです

何でも人の気持ちが分ってしまうと考えたらどうですか?

それこそ人と会うことが恐くなってしまいますよ

他人の考えや視線が気になるのは、楽しめるということです

 

2018年12月04日 16:46

原因不明の頭痛と自律神経の関係

migraine_zubora201609_ttl-pc

1日の後半である午後になると必ず頭が痛くなる

しっかり寝たはずなのに朝、頭が重い

こんなことってありませんか?

 

 

こんにちは和屋院長の小田です

本日は慢性的な頭痛にお悩みの

20代男性Nさんのお話しです

 

 

Nさんの頭痛の原因である結果を

先にお伝えさせて頂きます

 

 

キネシオロジー検査(筋力反射テスト)から

夜スマホを見すぎること(電磁波)

ミネラルが不足していること

承認欲求を強く求める思考パターンがありました

 

 

現代ではスマホやPCは手放すことができません

実際、私もこのブログはPCから発信していますし

予約のやり取りの半分以上はLINEから行っています

しかし、スマホや他の家電から出ている電磁波の影響で

脳から流れる電気信号は乱れを起こし

体に適切な情報を伝えることができなくなる

ということもしっかりと認識しておかなければいけません

 

 

脳からの信号が体の各器官や臓器に伝わらないとどうなるのか?

 

 

まず正常に働きません

筋肉であれば左右の筋力の差に現れたり

胃や腸であれば消化吸収に乱れが生じ

食事で得るはずの栄養素が不足してしまいます

 

 

Nさんのようにミネラルや他の栄養素が不足していると

食事には気をつかっているし

量もしっかり摂っていると言われる方もいますが

消化を助ける胃酸や消化酵素の分泌が下がったり

腸の善導運動が低下していては栄養素の吸収率は下がります

 

 

これらの働きをコントロールしているのが自律神経です

 

 

また自律神経は人の感情や思考とも

深い関わりが強く、感情や思考によって

働きが左右されることが多いです

 

 

Nさんのように承認欲求が強くなると

仕事やスポーツなどで結果を得て

上司、同僚、後輩などに賞賛されたいとなります

すると、結果を求めるがあまりに

失敗を過度に恐れるようになり

結果を求めるものに対しストレスを感じ

さらに自律神経の乱れを強めてしまいます

 

 

Nさんの場合

承認欲求が強いという思考パターンから

仕事や私生活の行動がストレスに変わり

スマホの長時間使用によって

体内に大量の電磁波が停滞していたことで

自律神経が乱れ、呼吸や消化、吸収といった

生理機能が低下しまったため

脳に酸素や栄養が十分に送られなかったことが

頭痛という結果(症状)を引き起こしたと考えられます

またミネラルは代謝の部分で

とても重要な栄養素のため

脳に限らず体全体の器官、臓器の抗酸化が出来ず

リフォームというエイジングケアが出来なかったのだと思います

 

 

Nさんは1ヶ月ほどで頭痛はほぼ無くなり

重たい感じが残る程度まで改善し

2ヶ月経過した現在では

その症状も無くなっています

 

 

自律神経は内臓機能をコントロールしている神経です

自律神経の乱れが長期間に及ぶと

重大な疾患に繋がる可能性がありますので

たかが頭痛と思って鎮痛剤で済ますのではなく

しっかりと整えてあげましょう!

 

 

自律神経整体では体の機能を正常化するだけでなく

不安や恐怖といった感情や思考も

正常な状態に戻していくことができます

心と体の両面をリセットしてみませんか?

2018年11月09日 12:00

酷い肩こりや原因不明の頭痛による嘔吐

o0480035113661946175

こんにちは和屋院長の小田です
本日は肩こりや頭痛にお悩みの患者さんのお話しです
患者さんは20代後半の男性
主な症状は酷い肩こりや首のこり
それに伴う頭痛になります


特に後頭部と首の境目となる
後頭環椎間での詰まり感や
重だるさ、気持ち悪さがあり
何をしてても憂鬱に感じていました
自律神経に乱れが生じている方は
この後頭環椎間での
凝りが強くなっていることが多く
頭の付け根辺りのこりが
気になっている方は
自律神経が乱れている可能性があります


まずは関節の可動域など動きのチェック
片足立ちなどのバランスのチェック
この動きやバランスの検査で
骨格の歪みや神経伝達などを
細かく調べていくことができます


次にキネシオロジーを用いて
肩こりや頭痛、さらには嘔吐など
症状の原因を検査していきました


まずは頭蓋骨の歪みからくる
呼吸の浅さに反応あり
次にミネラル不足
そして承認欲求が強いことからくる
嫌われたくないという不安感がありました


頭蓋骨を調整し呼吸を安定させ
ミネラルの吸収率が上がるよう
胃腸の調整と食事指導
あとは感情の捉え方などを
カウンセリングによってお伝えさせて頂きました


2回目に来院されたときには
頭痛や気持ち悪さは殆どなくなり
嘔吐もしていないというご報告
まだ、その他の倦怠感や
不安感などは残っているということで
引き続き体質改善を取り組むことに


肩こりや頭痛などは自律神経の乱れが
原因していることが殆どです
原因が分からない症状やお悩みは
自律神経専門整体院である当院に
お任せ下さい!

2018年09月10日 09:48

免疫力が低下する意外な原因

nervous1

こんにちは自律神経を整えることに
特化した整体院和屋の、院長の小田です
本日は免疫力が低下してしまう意外な原因である
理性と本能のバランスについてお伝えします


免疫力が低下すると
風邪やインフルエンザといったウイルスなどへの感染
アトピーや花粉症などのアレルギーの発症などの
リスクが高まってしまうことはご存知ですよね
その他に免疫力が低下することで
ガンや心疾患、動脈硬化などの成人病
不妊や鬱、慢性疲労、冷え症、肩こりといった
現代の日本人の多くの方が悩み苦しむ
さまざまな疾患の原因となりえます


この免疫力と意外な関係性があるのが
「理性と本能」になります


理性と本能と聞くと、どんなイメージがありますか?


理性は知的やスマート、感情のコントロールであり
本能は動物的や破天荒、感情の暴走といった感じで
どちらかというと、人は理性によって
より人間らしく考え行動することができ
理性で本能を抑えることをよしとする傾向があります


しかし、体の反応はどうでしょうか?


私の臨床上の経験から
体に何らかの症状を抱える殆どの方が
理性が強く、本能や感情を
押し殺している傾向があります
人間の持つ最大の強みであるはずの
理性が体の状態を下げてしまい
生命が備え持つ免疫力を低下させているのです


本能は一般的に感情を剥き出しにし
紳士的に振舞えないなどのイメージになりがちですが
本来は動物的な反応であり
体が必要とする情報を表現しているに過ぎません
すなわち、体の情報を正確にキャッチする
防衛反応でもあるのです


よくある理性によって本能が押し殺され
繰り返される症状をお伝えします


膀胱に尿が溜まると
本来は尿意を感じ用を足します
しかし理性が強すぎるあまりに
当初は尿意を我慢し膀胱炎となる
そのようなことを繰り返すうちに
そのうち尿意すらも感じなくなり
結果、膀胱炎を繰り返すということになります


さらに恐いのは、実はこの理性が破綻したときです
本能という体の正直な反応を
理性によって強く抑え過ぎると理性は破綻します
破綻をすると、今度は感情や衝動といった
本能をコントロールすることができなくなります
症状でいうと、鬱やパニック障害などで
行動でいうと、性犯罪や万引きの常習などになります


自律神経はこの理性と本能のバランスを
コントロールしています
自律神経がしっかり機能することで
理性と本能が本来の働きを取り戻し
健康な体を手に入れることができますよ


もし、ご自身の症状がなかなか改善せず
理性が強いとお考えの方は当院までご相談ください

2018年08月19日 09:44

春バテさん急増中!

img_180303_02_mv

こんにちは和屋院長の小田です
本日は最近よく耳にしたり
目にする機会が増えた
「春バテ」についてお話しします


毎年春になると頭痛をはじめ
食欲不振、肌荒れ、倦怠感など
体の不調を訴える方が増えます
当院でもメディアで
春バテを特集したりしている影響もあってか
春バテ症状の方が急増中です


春はなぜ自律神経の乱れを生み
体調を崩してしまうのでしょう?


1年の中で春が1番寒暖差あり
新生活に伴って不安という
ストレスを抱えるというのが
一般的な要因です
そのため気温や気圧の変化に注意し
ストレスを発散すようにすることで
症状が改善するということです


しかし実際にはこの方法で
症状が軽減することはあっても
根本改善するという人は稀です
なぜなら春バテを起こしている方の殆どが
寒暖差や不安というストレスによって
自律神経が乱れているのではなく
そもそも何らかの原因によって
自律神経が乱れていて
恒常性が保てないために
寒暖差や不安というストレスに
耐えるだけの力が無いために
春バテの症状を引き起こしているからです


症状が体に表現されたのが春だから
春の気候や諸行事が原因とし
本当の原因を見落としてしまうと
慢性化し五月病、梅雨の時期の
体調不良、夏バテ・・・と引きずってしまいます


例えるなら芝生の上で気持ちいいからと
靴を脱いで歩いていてそのまま砂利道まで
歩いてしまい怪我をしてしまったときに
石を取り除けば大丈夫と言っているのと同じです
裸足で歩いている以上
怪我をする可能性があることに気付かず
いつまでも靴を履かず裸足で歩くといことです


では自律神経を乱す
本当の原因とは何なのか?
それはご自身の生活習慣にあります
甘いものを食べていませんか?
夜更かしをしていませんか?
添加物まみれの食生活ではありませんか?
自律神経というのは元々
寒暖差や気圧の変化、様々なストレスに対し
対応するためのシステムです
自分の生活を振り返り見直していくことで
症状は改善していきます


当院に来られている春バテさんは
平均して3回~4回の施術で
症状が改善しております
春バテの本当の原因を見つけ
早期回復していきましょう!

2018年04月07日 09:14

大切な本番で力を発揮できない!その原因

large_1220830_5

こんにちは和屋院長の小田です
みなさんは今までに
大切な会議やプレゼンテーション
大きな商談の時など
また部活動での大きな試合や
コンクールや発表会など
一生懸命打ち込んできたことの
成果を出し切る場面で
普段の力を出し切れなかった
もしくは半分の実力も出せなかった
という経験はありませんか?


これは自分の過去に起きた
ミスや失敗などの経験から
間違えてしまったらどうしよう?
出来なかったらどうしよう?
などといった感情から
ネガティブフィードバックを受けた体が
自分の意図しない動きをしたり
脳の活性化を妨げたりして
頭が真っ白になったりすることが
原因しています


しかし中には試合や会議の本番になると
ネガティブフィードバックの影響を受けずに
いつも以上の力を発揮する人や
普段は出し切れないような人でも
その日は力を出し切れたりすることがあります


同じように練習や準備段階で
失敗やミスをしているのに本番に強い人や
本番に弱い人でも調子のいい日など
大切な本番で実力を出し切ることに
差が生じて結果、成績に差が出ることも
少なくありません


このような差はなぜ生まれるの?


よく言われているのが「集中力」
確かに集中力には個人差があります
どこかで集中力を切らしてしまう
でもこの集中力を切らしてしまう人って
集中を切らしてしまおうと思っているわけでは
ないですよね?
何なら集中を切らさないように気を使っています


また本番でよくミスをしたり
力を出し切れない人ほど
過去の自分の経験から
事前の準備や集中することを
怠らないように気をつけます


なのに・・・


実はこの本番に弱いや集中力には
自律神経の乱れと大きな関わりがあります


人が大切な何かに向かうとき
過去の経験からさまざまなストレスを感じます
これは上手くいく人もいかない人も同じように


ここで差が出るのがストレス耐性です
ストレス耐性とはストレスに対するタフさや
ストレスをどれだけ耐えられるかという
抵抗力を指します
ストレス耐性が高いとネガティブフィードバックの
影響は受けにくく、低いと受けやすく
ミスや集中力の低下に繋がります


自律神経の乱れがあり
生理機能が正常に働いていないと
体の各器官や臓器に大きな負担が掛かり
ストレスに耐えるエネルギーが不足します
そのためストレス耐性が下がり
ネガティブフィードバックを受けてしまうのです


大切な試合や大きな会議などで
緊張しない人などいません!
その緊張に押し潰されてしまうのか?
逆に緊張をプラスの力に変えるのか?
ストレス耐性が高い人の中には
本番前の緊張を楽しむ人もいます


結果や成績がどちらがいいかは
誰でも分かりますよね?


あなたは大切な本番を
楽しめていますか?

2018年03月30日 09:10

不眠の原因は脳波の乱れ

不眠症③

こんにちは和屋院長の小田です
本日は20代後半から生理不順や不眠に悩む
30代女性Mさんのお話しです


特に不眠に関しては
次の日にも疲労が残るため
度々眠剤を服用して
眠りにつくということでした


しかし身体への負担と
妊娠を考えた結果
不眠を克服するために
体質改善に取り組みました


ノイズのチェックや原因を検査していくと
不眠を引き起こしていたのは
脳波の乱れでした


みなさん脳波はご存知ですか?
脳は24時間休まず働いていて
身体の各部位に信号を送り
身体の各機能をコントロールしています
その時発せられる信号の
波動が脳波になります


脳波には多きく分けて
4つに分類され
α波、β波、θ波、δ波になります
その中でθ波、δ波が
睡眠に関わる脳波で
Mさんはθ波に問題がありました


θ波は入眠時に出る波動で
これは脳が身体の疲労感を感知し
身体の各器官にもうそろそろ
眠りなさいと指示を送るのですが
θ波に乱れがあるということは
この眠りなさいという指示が
間違えているということです


脳波は脳から各器官への手紙です
脳は眠りなさいと指示しているつもりでも
実は手紙の誤字脱字が多すぎて
各器官が手紙を読むことができず
眠るタイミングが分からないということなんです


施術を開始して間もなく
3ヶ月が経過しますが
眠剤の量も徐々に減ってきており
薬が無くても眠れる日のほうが
多くなってきているようです


そしてこの脳波の乱れの原因が
ヒトの常在菌である
ヘルペスウイルスによる
松果体感染でした


最近、睡眠が浅い人や
なかなか寝付けない人は
脳からの手紙を確認してはいかがですか?

2018年03月22日 09:07

便秘の原因は腸内細菌の増えすぎ?

pixta_21859812_M

こんにちは和屋院長の小田です
本日は長年便秘に苦しんできた
女性Mさんのお話しです


ここ数年腸内フローラという言葉を
耳にする機会も多いですが
皆さんは腸内フローラって分かりますか?
フローラとはお花畑とことで
腸内に存在する細菌の様子を
お花畑になぞって腸内フローラです


皆さんは腸内細菌と聞いて
何をイメージされますか?
善玉菌、悪玉菌といったところでしょうか


一昔前は腸内には
善玉菌と悪玉菌と日和見菌がいて
善玉菌が優位にたつと腸内環境が良好で
悪玉菌が優位にたつと腸内環境が悪いと
云われてきました


ところが科学の進歩により
善玉菌に属する細菌にも体に良くないものもあり
悪玉菌に属する細菌でも時には
体にとって有意義な働きをするものがいる
ということが分ってきたのです


また腸内での細菌の比率も
善玉菌:悪玉菌:日和見菌の比率が
2:1:7が理想と云われてきたのも
個人個人で理想が違うということが
最近ではわかってきているのです


さらに便秘や下痢など
腸内環境が悪いときは
ビフィズス菌など乳酸菌を摂取して
腸内細菌を増やすことを推奨
せれてきましたが
腸内細菌の増加も
便秘や下痢の原因となります


腸内細菌が増加しているときに
乳酸菌や食物繊維を摂取すると
腸内細菌を更に増加させてしまうため
摂取をひかえなければいけません


今回のMさんの便秘も
腸内細菌の増加が原因しており
細菌の量のバランスをとるよう
調整を加えていったところ
薬が無いと便通がなかったMさんに
自力での排便がきたのです!


腸内細菌は取ればいいという
時代は終わりました
これからは細菌そのものの量や
細菌の比率などのバランスを
個人個人で見極めることが
求められる時代になります


当院は栄養学や細菌学をもとに
キネシオロジー検査にて
個人個人に最適なバランスを
導き出すことができます

2018年02月01日 08:57

からだに必要な力とは回復力!?まずは目覚めを変えよう

o0260019414067444667

こんにちは和屋院長の小田です
当院では不妊症をはじめ花粉症などのアレルギーや
育児ノイローゼや摂食障害など心の問題であったり
柔道やロードバイク、陸上などの
現役で競技をしている人のケアをしています


不妊症であれば妊娠力や妊娠を維持する力
アレルギーであれば免疫力
ノイローゼなどの心の問題ではストレス耐性
スポーツ選手では体力や持久力


それぞれ必要とされる力があり
みなさんその力を身につけるため
毎日食事に気を付けたり
身体を温めたり、トレーニングしたりしています
その中で当院で1番重要としていることが


「回復する力で自然治癒力です!」


当院に来られる方のほぼ全員ですが
初めは回復力にピンっ!ときません
みなさんプラスの力に意識が働いているのです


トレーニングして筋力をアップしよう
ミトコンドリアを摂って代謝を上げよう
ウォーキングをして・・・
ヨガをして・・・
葉酸摂って・・・


決して悪いことではありません


でも身体の仕組みを考えましょう
身体の最小器官はなんでしょう?
細胞です!
身体はそもそも消耗品です
生きている以上
細胞は疲弊し古くなります
それを修復したり交換することで
身体はしっかりと働くのです


しっかりと修復しないでトレーニングをしても
効果的な筋力アップは望めません
いくら身体に良いものを摂取しても
細胞が壊れていては吸収しません
リハビリなどの効果にも差がでます


それでは身体はいつ回復するのか?


それは睡眠です
睡眠時にヒトの身体は修復し
次の日の様々なストレスに
耐えられるように準備します
ストレスは精神的なものだけではありません
運動そのものも身体に与えるストレスですし
花粉やウイルスや電磁波なども
目に見えないストレスです


身体が効果的に働くためには
まずは回復力を上げること
すなわち睡眠の質を上げることが重要です


ただいっぱい寝たらいいわけではありません
長い時間寝ても次の日すっきりしないこと
ありますよね?それは眠りの質が悪いから


身体が変化したときはまず
朝の目覚めが変わります
回復力がついている人は
朝、起きた段階で身体は回復し
気力も充実しています
だから朝から排泄もばっちりです


朝起きて「もう朝かぁ」って思っていませんか?
からだのいろんな力がみなぎっている人は
朝が来るのが待ち遠しいんです
遠足前の子どものように
エネルギーに満ち溢れています


効果的にからだを変えていくために
まずは回復力を上げましょうねぇ

2017年11月10日 19:51

肩こりは揉んでも治らない!

050

こんにちは和屋院長の小田です
本日は肩こりについてお話ししていきます
タイトルにあるように肩こりは
マッサージなどの揉みほぐしをしても
根本的な改善には繋がりません


気持ちよく、スッキリさせることと
改善は違うのです!


そもそも肩こりとはなぜ起きるのか?


肩こりは肩や首の筋肉
主に僧帽筋や斜角筋、肩甲挙筋などに
疲労物質が溜まり
筋肉の質が低下したことを脳に知らせて
脳が痛みや疲労感として
私達の感覚を刺激して起こります


では、なぜ疲労物質がたまるのでしょう?


まずインナーマッスルと
アウターマッスルの性質の違いを
知ることが重要になってきます


肩や首のこりの発信源となっているのが
僧帽筋や斜角筋、肩甲挙筋などの
首から肩や肩甲骨の周りに
付着しているアウターマッスルで
骨格の動きを主導する筋肉です
アウターマッスルは伸縮をすることに
優れており関節の曲げ伸ばしなどの
身体を動かすことが得意な筋肉なんです


しかしアウターマッスルは
緊張を持続させるのは苦手で
姿勢の維持など身体を支えることを
得意としていません


そこで登場するのがインナーマッスルです
インナーマッスルは脊柱起立筋など
アウターマッスルに比べると細く短い筋肉が多いですが
いっぱい集まることで
アウターマッスルよりも我慢強く
じっと耐えることが得意な筋肉になります
我慢強く耐えることが得意なため
姿勢の維持など身体がふらつかないように
支えてくれている筋肉なんです


表に出て活躍する花形のアイドルが
アウターマッスルだとすると
それを支えるマネージャーやスタッフ
そして多くのファン達がインナーマッスル
みたいな感じですかねぇ(笑)


話しが飛びましたが
このインナーマッスルが何らかの原因で
機能が低下してしまうと
重たい頭をを支えることができなくなるため
アウターマッスルが苦手な作業を
しなきゃいけなくなるため
必要以上に筋肉が緊張し疲労するのです


インナーマッスルの機能低下の原因には
神経伝達の問題や内臓反射による弱化、
血行などの循環器の問題などがあり
さらにそれらを引き起こすのが
ストレスや感情、電磁波などになります


このように身体の表面にある
筋肉を揉みほぐすことでは
頭から首を支えるインナーマッスルの
機能を回復することができないため
僧帽筋などの過度な緊張は続くのです


この考えは腰痛や40肩など
身体のいたるところにも当てはまりますので
いつか腰や肩関節のところで
お話しさせていただきます


自律神経の乱れを整え
神経や内臓機能を高めることで
慢性的な辛い肩こりは改善します


便秘や下痢、生理痛や生理不順
胃もたれや胸焼けなど
体内の機能低下と肩こりは
繋がっている可能性がありますよ

2017年10月05日 19:34