愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋【なごみや】

内臓の循環やホルモンバランスなど体の中から歪みを整える整体院

  • 無題7
  • 0000553434.jpg
  • 0000553473.jpg
  • ホームページバナー5

HOMEブログページ ≫ 摂食障害 ≫

Blog&症例報告

摂食障害と大脳辺縁系の関わり

aa9818b93a68a1fe0034a5fdc94d438e1

こんにちは和屋院長の小田です
本日は摂食障害でお悩みのときに
どのような対処をすればいいのか
分からなくなってしまった方が
参考にしていただけたらと思います


基本的に摂食障害は
メンタルや感情の問題が原因しており
トラウマを克服することで
改善していくと云われています


ただここのメンタルや感情の問題は
摂食障害でお悩みの方には
そんなことは分ってるけど
どうしたらいいか分からないんだよ!
っていうのが本音でしょう


心理的問題はどうして起こるのか?


感情やメンタルは
脳の中の大脳辺縁系というところが
大きく関係しています
大脳辺縁系とは原始的な脳で
本能や情動と関わります


また大脳辺縁系は記憶を司る場所で
過去の悲しい思い出や
辛いトラウマはこの大脳辺縁系
そして食欲などのコントロールをしている
自律神経の中枢である視床下部との
関連性をしっかりと調べることで
摂食障害は改善されていきます


過去の症例から
大脳辺縁系や視床下部において
体内の常在菌やウイルスが
機能を乱しているパターンや
大脳辺縁系もしくは視床下部からの
神経伝達物質の異常や過不足などが
大きく関わっていることが多いです


摂食障害は心の問題だけではありません
心を豊かにして充実させるのも
脳の様々な機能が関係しています
脳がしっかりと機能するために
体内環境を正常化し
脳に酸素や栄養を送ってあげましょう

2018年02月12日 09:01

摂食障害と自律神経の乱れ

aa9818b93a68a1fe0034a5fdc94d438e1

こんにちは和屋院長の小田です
本日は過食症や拒食症などの
摂食障害と自律神経の関係について
お話しさせていただきます


摂食障害の原因については
家庭環境やストレスやトラウマ
成長期の不安感といった心の病や
低血糖症が原因などですが
はっきりと解明されているわけではありません


しかしどの諸説をみても
ホルモンバランスと感情が
関係しているとわかります


体内環境を乱す要因として
肉体ストレス
環境ストレス
感情ストレス
があります


その中で摂食障害は感情ストレスが
原因となり体内環境を乱し
内臓の機能が低下することで
ホルモンバランスを崩してしまい
拒食や過食に走ってしまう
というのが私の考えです


特に私の治療院に来られる方で
摂食障害が疑われる人は
女性が多いことから
生理周期に大きく関係している
とも考えています


現代社会において学校や職場での
人間関係でのストレスは
避けて通ることはできませんし
成長期にいたっては
1番落ち着く場所であるはずの
家庭がストレスの元凶になることも


そう考えると、全ての人に
摂食障害は起こりえるものになります


ただ同じ環境で同じように
生活を送っていても
実際は摂食障害に無縁のような方も
いらっしゃいますよねぇ(笑)


何が違うのかわかりますか?


ストレス耐性という言葉を知っていますか?
ストレスに耐える力のことで
いわゆる右から左へ受け流すってやつです
っていっても我慢したり
嫌な人のことばを聞き流せ
ということではありませんよ


ストレスとは刺激ということで
現在では身体に悪い影響を与える
刺激のことをストレスといいます
その身体に入ってくる刺激によって
体内環境を乱されないようにする
力のことをストレス耐性っていいます


身体の中に入ってきた刺激を
いい刺激なのか悪い刺激なのかを
識別してコントロールしているのが
自律神経であり中枢神経でる脳なのです


たとえば、ある夏の日のお弁当をテーマに


Aくんがお弁当を食べようとしたら
なんか少しすっぱい臭いがしたり
臭いはしなかったけどたべたら
すっぱかったりなかには
舌に痛みを感じることもあります


これは腐ってしまった食べ物を
嗅覚、味覚、痛覚といった
神経の働きによるので
脳が舌や鼻からの情報を処理し
食べたら危険とコントロールしているのです
通常の食事であれば人が生きていくため
栄養を摂るための食事になるので
身体にはいい刺激と判断し食事をしますが
今回の場合は臭いや味などから
悪い刺激と判断し食べないよう
身体に指示を送ったということです


人間関係における刺激が
全て悪い刺激ではありません
自分や自分の身体にとって
有効であったり必要な刺激はいい刺激です
また思春期にいっぱい悩むことは
決して悪いことではありません
人は悩み苦しむことで成長します


自律神経に乱れが生じることで
身体に必要な刺激なのか
不必要な刺激なのかを識別し
コントロールすることができなくなります


半年ほど前に旅館に出てくるような
おひつ分の量のご飯を
ほっておいたら食べてしまってたような女の子も
今では普通のお茶碗に1杯で十分なほど
回復もしていきます


心が病むことも
血糖値が急激に下がってしまうのも
症状という結果です
摂食障害の原因ではありません
心の病気や低血糖症との合併症と
とらえていただくと分かりやすいと思います


そして結果には必ず原因があります
原因を見付けて身体の機能を回復することが
摂食障害を克服する最善の策だと思います

2017年09月25日 19:28