愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋【なごみや】

内臓の循環やホルモンバランスなど体の中から歪みを整える整体院

  • 無題7
  • 0000553434.jpg
  • 0000553473.jpg
  • ホームページバナー5

HOMEブログページ ≫ 腰痛 ≫

Blog&症例報告

子どものヤル気とお母さんの腰痛の関係

150403

全てのお母さんはプライドと

責任感を持って子育てをしています

100人のお母さんがいたら

100通りの概念ややり方か存在しています

 

 

こんにちは和屋院長の小田です

本日は腰痛に悩む40代のNさん女性のお話です

 

 

Nさんは腰痛や不安感、婦人科系の症状に

悩まれ来院されてきました

と同時に娘さんとの関係性にも

悩み奮闘していらっしゃいます

 

 

当院独自の検査法により

Nさんには承認欲求からくる劣等感

劣等感による過度な緊張が様々な症状を

引き起こしていました

 

 

母親としてご自身の育児を認めてもらいたい

女性として老いていく自分を認めたくない

そんな感情から自分の子どもを

他人のお子さんと比べている

若々しいママ友と自分を比べている

そんな思考パターンは

実はどのお母さんにも存在します

 

 

自分が抱く感情や思考パターンは

特別なものではなく

誰でも抱くものなんだと認識し

認めてあげることで

自分に降りかかっていた症状が

嘘のように消えていきます

 

 

Nさんも初回からたった3回の施術で

起き上がるのも辛かった腰痛が

ほぼ改善しています

 

 

またご自身の根底にある概念に気付き

娘さんとの接し方に変化が生まれることで

今までガミガミ「勉強しなさい」と

圧力を掛けていた教育法に変化が生じ

娘さん自ら机に向かい勉強をするという

好循環が発生しています

 

 

自分の体も娘さんも

見方を変えてあげることで

反応が変わってきます

 

 

自律神経整体で体を変化させていくことの

最大のメリットは

ご自身の体が健康になることだけでなく

自分を取り巻く環境が変化していくことです

 

 

潜在意識の自分と向き合うことを望まれているなら

いつでも当院にご相談下さい

2018年11月21日 12:45

39歳ギックリ腰の原因

0000549286.jpg

こんにちは和屋院長の小田です
本日は久し振りの症例報告になります


クライアント様は39歳介護職の女性
着替えの介護をしているときに
腰にガツンときたそうです
そのままお仕事は早退し来院されました


来院時は腰を伸ばすことができず
丸まるように横になって
キネシオロジーにて
痛みの原因を探した結果


子宮に反応あり!
お話しを聞くと
生理中とのこと
ウイルスによって
血流によるエネルギー伝達に
問題があったために
子宮にエネルギー流し
動かしても痛みが出なくなったところで
細かく動きをチェックし
微調整をして終了


職場が人手不足ということもあり
働けそうだからと職場に
戻っていかれました


無理はしないようにと念を押しましたが
歩くのもしんどそうだったのに
仕事に戻ってもいいなぁって
思えるまで回復できて


よかったぁ~♪

2018年01月22日 08:52

年始はぎっくり腰にご注意を!

dfa0a6592c1c5a0a249bc8ed0a4352af_l-1024x682

明けましておめでとうございます
和屋院長の小田です
本日は年始のこの時期に多い
ぎっくり腰についてお話していきます


まずぎっくり腰がこの時期起きる
メカニズムの説明をしましょう!


年末年始の多忙と
暴飲暴食や生活リズムの変化によって
消化器系や概日リズムが乱れます
そしてホルモンの分泌に異常が生じ
さらに連休という気の緩みから
副交感神経が日中でも優位になってしまい
骨盤をはじめとする関節が閉じず
力が入り難い状況になります


そこで通常の生活に戻り
身体を動かそうとしたときに
骨盤がしっかり締まらず
腰の筋肉に負担がかかり
腰痛を引き起こしてしまいます


年末年始に生活のリズムが
乱れていた人や暴飲暴食をした人ほど
この傾向は強くなりますが
体内の生理機能をリセットしていくことで
回避することができます


その他、年始は上記の理由により
免疫力も低下しやすくなっております
身体を動かしたりウイルスを攻撃するには
交感神経をONにしてあげなければいけません


本格的に普段の生活が
スタートしている方もいらっしゃいますが
体調が崩れてしまう前に
自律神経を整え今年1年の
素晴らしいスタートをきってくださいね

2018年01月04日 08:50

股関節痛・腰痛・生理痛などの原因は消化器系の疲れ・・・?

8-5

こんにちはなごみや院長の小田です
朝と夜がめっきり秋らしくなってきましたが
この時期とても目立つのが
消化器系のトラブルです


来院時の症状としては
股関節痛や腰痛、生理痛などで
消化器系のトラブルとは
全くの無関係のように思われがちですが
消化器系の機能の改善で
症状が消えるたり楽になったりしています


この時期の全ての症状が
消化器系のトラブルが原因している
わけではありませんが
かなり目立ちます


夏場に冷たい物を好んで
飲み食いしたことで
胃腸の疲れがこの時期は
とても出やすいです

上記にあるような
股関節痛や腰痛、生理痛などに
最近心当たりがあり
さらに食欲がないと感じる方は


たとえ食欲がなくても
あっさりした冷たいものを食べるのではなく
あたたかくてバランスの良い
食事をすることで症状が改善される方も
いらっしゃいますので
一度ご自身の胃腸に
目を受けてみてください


筋肉と内臓は自律神経を通して
反射し合っているので
筋肉の痛みの原因が
内臓にあることは多いです
また内臓に原因がなくても
自律神経が乱れている場合は
内臓の正しいデータを
筋肉に伝えることができずに
症状を引き起こすこともあります


当院では症状そのもに対する
アプローチではなく
痛みの原因となっている
体内の内臓や神経系への
アプローチをするため
股関節痛や腰痛、生理痛などの
症状に加え、消化器系や
呼吸器系、生殖器系などの
不調も同時に改善していくことができます


みなさんが思っている以上に
身体の中っていうのは
1つに繋がっているんですよぉ

2017年09月07日 19:25

ギックリ腰の原因は左肺の機能低下!

dfa0a6592c1c5a0a249bc8ed0a4352af_l-1024x682

こんにちはなごみや院長の小田です
今日は最近ギックリ腰で来院された
30代女性Kさんのお話しになります


ギックリ腰やその他の腰痛を引き起こす原因として
筋力的な問題では内転筋の弱化や
腸腰筋の緊張などがもっとも多く
内臓では腎臓や大腸の機能低下が
腰痛に大きく関わることが一般的です


ですがKさんの場合、呼吸器系への反応が強く
特に左の肺の機能低下がありました
また脳脊髄液の伸展障害があり


東洋医学では肺は気(エネルギー)や
津液(体液)を全身に巡らすとされており
今回の場合、肺の機能低下により
津液(脳脊髄液)の循環を停滞させている
という結論になりました


脳脊髄液の循環が悪ければ
神経伝達などの問題も生じ
筋力の弱化につながります


施術は左の肺(下葉)と経絡に対し
エネルギー調整と
頭蓋骨の蝶形骨の調整


術後は痛みが10→5に軽減
立ち上がりや歩行には問題ない程度に
2日目の施術後5→1まで軽減


Kさんはギックリ腰での来院ですが
今回腰に対するアプローチは
一切行っておりません
なぜならギックリ腰の原因は
腰には無いからです


当院は症状の原因を特定し
必要な施術のみを行います
自然治癒力を引き出すことで
後は勝手に皆さんの身体が改善してくれます


血圧や腸内環境、体質など
ご自身のお身体に自信のない方は
是非ご相談ください

2017年08月15日 19:22

腰痛の原因は腎臓にあり!

dfa0a6592c1c5a0a249bc8ed0a4352af_l-1024x682

本日は腰痛に悩む
70代女性Sさんのおはなし


Sさんは腰痛の他に
肩こりや慢性疲労、冷えや高血圧に
悩んでいるのですが病院では
血液検査などをしてもどこも異常がなく
「年齢のせい」で「仕方ないねぇ」って
言われ続けていました


またいろいろマッサージや整体にいっても
なかなか身体の調子が上がってこないとのこと
今回は一番症状が強かった腰痛から
症状の改善を目指していくことに


今回検査を進めていくと
泌尿器系と内分泌系に反応があり
腎臓と脳下垂体からの分泌されている
腎臓に働きかけるバゾプレッシンという
抗利尿作用のあるホルモンの乱れが
腰痛を引き起こしていました


腎臓は腰や股関節の動きに
大きく関わる大腰筋と
密接に関係しているため
しばしば腰痛の原因となる臓器


またそこをコントロールしている
脳自体に乱れがあるのですから
表面上の筋肉や骨格を
緩めたり調整しても
改善しないはずですねぇ


本日の調整で施術後は
動きの中での腰の痛みは改善!
バゾプレッシンは血圧にも関係する
ホルモンのため今後は
高血圧の症状にも変化が出てくると思いますし
身体をコントロールしている
脳下垂体の乱れを
引き続き調整していくことで
検査では数値として現れない
身体の不調が改善されると思います


どこに行っても改善しない
病因に行っても異常が無いなどの
身体の不調は自律神経の乱れを
整えていくことで改善していきます


自律神経の乱れは
精神疾患ではないですよ!

2017年04月04日 19:01

産後の体質改善で育児疲れ、腰痛、肩こり知らず

catch

本日は産後6ヶ月から
産後の骨盤矯正に来られた
Mさんのおはなし


Mさんはお一人目を出産後来院
現在1ヶ月ほど経過
当初はもともと気になっていた冷え性や
育児中のお母さんによくある
肩こり、腰痛もある状態で
産後の骨盤ケアのために
体質改善を提案させていただきました


検査を進めていくと
Mさんは免疫力も弱く
呼吸が浅いというのが問題でした


呼吸と骨盤の動きは
密接に関係しており
呼吸が浅く呼気が弱い人は
骨盤もしまらず安定しないんです


また呼吸が浅いことで
首、肩の筋肉が収縮してしまうため
肩こりを引き起こします


Mさんの場合まずこの1月ほどで
呼吸が大きくなってきて
骨盤と胸郭の動きにリズムが
出てきたことで肩こりと腰痛が
改善してきました


最近では睡眠も深くなったようで
疲労感をあまり感じなくなったと
嬉しい報告を受けました


体質をしっかり改善させるには
まだまだ時間は掛かると思いますが
少しずつご自身の身体で
体質の変化に実感が出てきたことと思います
2人目への意欲もより強くなってきたかなぁ

2017年03月23日 18:59

妊娠中の腰痛・恥骨痛の原因

fd929243d32a9455f91bf138caf13d5b

今日は安定期に入った
妊婦のNさん女性のおはなし


Nさんは現在お腹の中に
お二人目のお子さんを妊娠中
お一人目の出産以降
腰痛を抱えており
現在はお腹も大きくなってきて
痛みがより強くなってきたということ


痛みは左側の腰(仙腸関節)から
お尻にかけてあり
痛みが強いときは恥骨辺りにも
出てくるそうです


Nさんは検査の結果
胃や腸などの内臓同士の
バランスの乱れが腰痛を誘発しており
その原因が糖質の過多にありました


Nさんは現在、呼吸器系
特に左の肺の状態が悪く
これがバランスを乱していたのです


肺の機能を高めていき
糖質によって傷ついた肝臓への
ストレスを軽減し痛みはほぼ改善


今回はつわりも酷く
安定期がきてもなかなか体調も
良くならないということですが
呼吸の状態が安定し
肝臓の機能が上がれば
体内のエネルギーが上昇し
力がみなぎってきますよぉ


まだ出産まで時間がありますが
一人目のお子さんの育児も一緒に
楽しめるようになるといいねぇ

2017年03月17日 18:56

自律神経の乱れと腰痛

dfa0a6592c1c5a0a249bc8ed0a4352af_l-1024x682

今日は体育の授業で腰を痛めた
小学4年生のKちゃん女の子のおはなし


Kちゃんは先日体育の授業で
腰が痛くなってしまい
夜には仰向けで腰を5センチ程
浮かすのがやっとというくらいまで
痛くなってしまっての来院


検査を進めていくと
腰の痛みの原因は
泌尿器系、消化器系、運動器系
に問題があり
内分泌器系(ホルモンバランス)を
整えてあげることで
問題の器官が整理されるということでした


まず問題となっているのが視床下部(脳の一部)


ここから出ている
性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌が
増えているこで自律神経が乱れ
膵臓から出ている食欲を抑えたり
消化を穏やかにするホルモンの分泌が
妨げられてしまったことが原因していました


つまり徐々に思春期を迎える
Kちゃんの身体の中では
少しずつ大人になる準備をしていて
ホルモンバランスが乱れてしまったことで
食欲旺盛になり(糖質過多)
泌尿器、消化器、運動器と
多岐にわたって機能を低下させてしまった訳です


自律神経を調整し
身体の中のバランスを整えて
本日の施術は終了


施術後は仰向けで
普通に腰が浮かせるようになって
お母さんも一安心
次の日には痛みもほぼ
無くなったそうです


これから成長期を迎える
お子さん達は小さな身体の中で
とても大きな変化をしています
自律神経を整え
心と身体を健康に保ちましょう!

2017年02月04日 18:38

ギックリ腰の原因はストレス!?

dfa0a6592c1c5a0a249bc8ed0a4352af_l-1024x682

本日は先日ギックリ腰になった
30代の女性Kさんのおはなし


Kさんは介護のお仕事をしており
毎年1度くらいの割合で
腰が痛くなるようで今回は
息をするのも苦しいくらいの
痛みが出ての来院となりました


検査を進めていくと
「心配」という感情が強すぎて
ストレスとなってしまったことで
消化器系のトラブルが
起きてしまったことが原因でした


お話を聞いてみると
最近、ご友人の方のことを
とても心配する出来事があり
その感情が強すぎてしまったために
身体がストレスと感じて
肝臓での胆汁の合成が
低下してしまったことが
腰に痛みを引き起こしていました


施術後には呼吸も楽になったようで
今回はこれでひとまず終了


次の日、Kさんよりご連絡があり
「違和感は残りますが、痛みは無くなり
仕事も普通にこなすことができました~」
と、嬉しい報告を頂きました


ギックリ腰といっても
腰椎や腰の筋肉から痛みが
出ているとは限りません
最近胃腸の調子が良くないなど
今回はKさんが関係ないと
思っている症状が
ギックリ腰の痛みの原因でした


痛みの出ている場所の特定や
痛みの原因を探し出すことで
無理の無い適切な施術を行えます

2017年01月27日 18:36