愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋【なごみや】

内臓の循環やホルモンバランスなど体の中から歪みを整える整体院

  • 無題7
  • 0000553434.jpg
  • 0000553473.jpg
  • ホームページバナー5

HOMEブログページ ≫ 生活習慣病 ≫

Blog&症例報告

脂質異常症(高コレステロール血症)の原因

20171115225433

こんにちは和屋院長の小田です
本日はLDLコレステロールの値に悩む
40代の女性Mさんのお話しです


Mさんは3年前くらいから
会社の健康診断でコレステロールで
引っかかるようになり
以来、脂質異常症と診断を受ける
その後EPAやDHAなどの
コレステロールにいいとされる
サプリメントを飲んだり
いろいろ試しているが効果が出ない


高コレステロール血症などの
脂質異常症に悩まされている方は
基本的に毎日の食事を中心とした
生活習慣の見直しが必要ですが
コレステロール値が高くなってしまった
原因が体の中に存在することを
知らなければなりません


高くなければいけないということです!


また、みなさんの中には
LDLコレステロールは悪いもので
体に必要のないものという認識の方も
多いのではないでしょうか
悪玉コレステロールと表現されるため
悪者と思われても仕方ないですが
LDLコレステロールは
全身の細胞にコレステロールを運び
健康維持のために様々な役割があります


女性ホルモンもその1つ!


エストロゲンといわれる女性ホルモンは
コレステロールから出来ています
LDLコレステロールが存在しなければ
卵巣でエストロゲンが生成されないのです


今回のMさんもお話しを進めていくと
コレステロール値が引っかかりだした
少し前より、女性ホルモンの分泌が
低下していたことが分かりました


キネシオロジーでの検査の結果
MさんがLDLコレステロールが
高くなってしまった原因は
卵巣の機能低下でした


卵巣においてエストロゲンの生成が低下し
その情報が脳の視床下部に届きます
自律神経の中枢である視床下部は
エストロゲンが体に不足していると認識
視床下部は材料不足と判断します!
そのため肝臓にコレステロールをもっと作って
卵巣に送りなさいと指示をするのです
そしてコレステロール値が高くなる


卵巣でのエストロゲン生成が
低いままなのでサプリメントなどで
コレステロール値をコントロールしようとしても
回収先の肝臓がフル稼働で
コレステロールを生産していては
効果が出ないのは分かりますよね?


Mさんの肝臓はコレステロールの生産過多で
炎症し硬くなってしまっています
肝臓へのアプローチは緊急の対応としては
OKですが、根本的な改善にはなりません


コレステロール値が高くなってしまった
原因である卵巣の機能を
取り戻していくことで自然治癒力が働き
コレステロール値は正常に戻ります


自然治癒力は体が自然な形だと
働きますが、ホルモン剤の服用や
サプリメント、薬の服用という
体にとって不自然な形では
自然治癒力は働かないのです


お薬でのコントロールは
常に数値とのにらめっこです
コレステロールは体の健康を守るため
とても必要な代謝産物です
悪者で排除しようとするのではなく
正しい状態に戻すというイメージが大切です


コレステロールが高くなければいけない体


そのような状態になってしまった原因を
見付けることで体は改善します

2018年05月01日 09:22

高血糖の原因は呼吸器の機能低下!?

pixta_36369531_S

こんにちは和屋院長の小田です
本日は高血糖に悩んでいる
60代の女性Nさんのお話です


Nさんは毎月お薬をもらいに
クリニックに診察に行っているそうです
そして毎月血液検査の数値に
ヒヤヒヤしながらドクターのお話しを
聞いているそうなんですが


始まりは数年前
もともと血圧や中性脂肪の数値が
あまりよろしくなく病院通い
だんだん血糖値も上がりだして
ついには200超え
とうとう投薬の宣告を受けたのです


その後は検査前日に
糖質、脂質を控えて臨んでも
160代の壁は乗り越えられず
というのが続いていました


そんなとき当院に来院経験のある娘さんより
ご紹介していただき半信半疑ながら
施術を受けられていかれました
キネシオロジー検査での結果は
呼吸器の問題が血糖値と関係している


数日後、毎月の検診日


結果は本人もニンマリの「120代!」
数値的にはかなりの改善といえども
まだまだお薬を併用しての数値であり
決して基準値以下という訳ではないので
食事を中心とした普段の生活は継続し
だけど自分の身体はまだまだ改善する
ということを再認識して頂きました


血管や血液の問題がある方は
身体の表面に出やすい症状として
肩こりや腰痛など筋肉系のトラブルです
もちろんNさんも慢性的に
肩こりや腰痛、50肩のように
腕が挙げにくいなどの症状がありました


それらの症状を引き起こしていたのが
呼吸器系の気管の機能低下です
お話しを聞いたら
もともとよく痰がからんだりしていたそうです
呼吸器系の調整をしている段階で
首から肩、胸の辺りが
スーッとなっていくのが感じられたそうです


東洋医学の考えでは
食事から得られるエネルギー(栄養素)は
腸で吸収され肺の力で全身を潤すといわれていますが
Nさんの場合はこのエネルギーを
循環させる呼吸器の機能が
下がっていたということです


気管の機能低下が
心臓、血管、血液の質や働きをさげ
筋肉系のトラブルを引き起こしていた
という流れになります


血糖値も血圧も中性脂肪も
いきなり上がる訳ではありません
身体にはそれらを下げる働きも
備わっています
でもそれは身体の中に存在する
自然の摂理が乱れると
機能しなくなるのです
自然界も生態系が乱れると
生命は生きていけないのと同じことです


自律神経の乱れを整え
より自然な身体を取り戻しましょう!

2017年10月16日 19:39