愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋【なごみや】

内臓の循環やホルモンバランスなど体の中から歪みを整える整体院

  • 無題7
  • 0000553434.jpg
  • 0000553473.jpg
  • ホームページバナー5

HOMEブログページ ≫ 妊娠トラブル ≫

Blog&症例報告

産後の骨盤矯正と育児ストレスの関係|愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋

500x0_58f9c5e9-d1d0-4e29-b122-678b0a01009f

妊娠中のママさんや出産したばかりのママさん方にとって

悩みの1つが産後の骨盤矯正をどうするか?

ネットや雑誌を見れば産後のさまざまな症状は

骨盤が歪んでいたり緩んでいることが原因だと・・・

またどこで骨盤を矯正してもらったら・・・

 

 

そんなママさん達の不安が

少しでも解消できるよう

本日は産後の骨盤矯正について

お話しさせて頂きます

 

 

こんにちは和屋院長の小田です

まず骨盤矯正を受けて頂く前に

妊娠後期から出産後に

骨盤がどのように変化するのかを

知って頂くことが必要です

 

 

妊娠中の女性の身体はお腹の中にいる胎児を

育て、守るようにバランスや骨盤の強度を保っています

妊娠中に股関節が痛くなるのは

胎児を守るために骨盤を強く固定しようという働きからきます

そして臨月となり、徐々に出産準備をしだします

赤ちゃんが下がってくるのは準備をしてるということです

いよいよ出産です

産道を広げて赤ちゃんが出てきやすいように

骨盤を緩めて、後傾させていくのです

この骨盤の動きがしっかりあることで安産になるのです

ここまでが出産までの骨盤の変化です

 

 

次に出産後はどう変化するのでしょう?

出産後は体内で育て守るという身体から

母として育児をする身体に変わっていきます

出産後に母乳が出るのも変化の1つですね

物理的にも育児をするための身体に変化し

おんぶに抱っこ、夜泣きやぐずりに対し

耐えることができるように

出産時に緩んだ骨盤を安定させるように

骨盤を閉じて締めていきます

 

 

「えっ!」ってなった方いません?

そう、出産で緩んだ骨盤は勝手に閉じます

 

 

ここまで一連の骨盤の変化は

ホルモンの働きによるものです

妊娠中の胎児の成長や出産、産後に合わせ

女性の体内では脳や臓器から

ホルモンを分泌調整し骨盤の状態をはじめ

体内を変化させていたのです

 

 

そのためホルモンバランスが取れていて

体内環境が安定さえしていれば

つわりもなく安産で産後の骨盤も

勝手に整ってくれるのが女性の身体の凄さです

 

 

出産はお医者さんが引っ張り出してるのではなく

赤ちゃんがはって出てきているのでもなく

お母さんの子宮や周りの筋肉を

波打たせ赤ちゃんを外に送り出しているのです

 

 

しかし、生活環境における

さまざまなストレスや感情により

ホルモンバランスをコントロールしている

自律神経が乱れ、妊娠から出産、産後まで

理想的に変化していく方は皆無の状態です

 

 

このように出産による骨盤の歪みや緩みを

骨盤そものもを矯正しても

あまり意味がないことは想像できますよね

骨盤は服やアクセサリーのように

身に着けているものではありません

身体の一部であって生きているのです

 

 

当院では身体をコントロールしている

自律神経の乱れを整えることで

バランスの取れていないホルモンを

正常な状態に戻していきます

ホルモンバランスが整うことで

イライラもなくなり育児のストレスから

解放されていきます

お母さんが安定することで

赤ちゃんのストレスも軽減し

夜泣きやぐずりもなくなりますよ

2018年10月27日 12:00

妊娠中期のつわりの原因

1200x0_57f5f412-b1c0-4b78-a67b-05340a0103db.jpg

こんにちは和屋院長の小田です
本日は久々の症例報告です
クライアント様は40代前半の女性
現在妊娠中期でつわりによる
気持ち悪さ、それに伴う食欲の低下です


まずつわりの主な原因をあげると
妊娠によるホルモンバランスの
急激な変化、もしくは
消化器系の機能低下です


ホルモンバランスによるつわりは
主に妊娠初期から12週頃までに落ち着きます
しかし消化器系の問題が原因での
つわりの場合はいつくらいまでとかはありません


また、消化器系のトラブルは
つわりだけではなく
妊娠後期における
腎不全、糖尿病、高血圧、早産など
さまざまな妊娠トラブルの引き金になります


では消化器系の機能低下は
どうして引き起こされるのでしょう?


私の症例上、もっとも多いのが
不安や恐怖といった感情です
今回の場合も、出産がお二人目
一人目のお子さんが
余りにも手がかかっているため
出産後のお兄ちゃんの心配が
消化器系の機能低下を招いていたのです
その他にも、出産そのものへの不安や
出産後の経済的不安など
出産やお子さんに関わる
様々な問題が不安や恐怖として
圧し掛かりつわりとなって
体が表現しているのです


今回はつわりを引き起こしている
恐怖という感情の根源を
キネシオロジーで探していき
愛のキヅキヒーリングによって
恐怖という感情を下げていきました


次の日に私のところに連絡があり
食欲もしっかり出て
食べ過ぎちゃって少し気持ち悪いくらい笑
という嬉しい報告がありました


今回のクライアント様は
最近の検診にて貧血と診断されています
まだ数値上での話しではありますが
小腸でのミネラル分の吸収力低下
もしくは腎機能が低下していて
ミネラル分を排泄している可能性もあり
引き続き消化器系のケアが必要です


これを読まれた妊娠を控えたお母さんも
たかがつわりと思わずに
ご自身の体のため
赤ちゃんの健康のために
体質をしっかり改善し
健康な状態をキープしてあげましょう!
つわりは出産に向けて
体調が万全ではないよぉ~という
赤ちゃんからのサインです

2018年06月23日 09:36

妊娠中の胎児の感情とは?

492096

こんにちは和屋院長の小田です
本日は妊娠中の妊婦さんに
ぜひ聞いていただきたい
胎児の感情についてお話しします


「胎児の感情?」


当院に初めて来院された方の
最初のイメージはこれです
胎児に感情ってあるの?って
みなさん思われます


感覚や感情をつかさどる脳は
妊娠7週間ほどで約80%が出来上がります
特に感情に関係する辺縁系は
古代の脳といわれ妊娠初期に形成されます
そのため胎児には遅くとも
妊娠8週目に感情が存在します


この胎児の時に抱く感情が
出産後のその子の
あらゆる症状に関係してきます


では胎児の感情はどのように芽生えるのか?


胎児の感情の80%はお母さんである
妊婦さんの感情由来で
あとはお父さん由来が20%です


どういった感情が胎児に影響するのか?


まずはつわりや妊娠後期の
腰痛・股関節痛などのご自身の
体調の悪さからくる
妊娠の辛さや後悔の感情
次に出産や出産後の生活・経済面など
大丈夫かなぁという不安感
その他の妊娠に関係なくても
私生活や仕事上での様々な感情が
胎児の感情に関わります


特に妊娠に関係する
恐怖や不安、後悔といった感情は
赤ちゃんが自分の存在を
否定してしまうため
幼児期の様々な疾患に
大きな影響を与えてしまいます


でも妊娠中のお母さんは
つわりや辛い症状がある以上
どうすることもできないの?
ってなりますよね
そんな時は赤ちゃんに感謝してください


つわりやその他の辛い症状は
お母さんの生理機能の低下が原因です
そのため自分に起きている症状は
赤ちゃんが引き起こしているのではなく
赤ちゃんがお母さんの体調を
心配して教えてくれているということを
理解し赤ちゃんに感謝することです


つわりや腰痛などの症状=
妊娠によって起こったものではなく

つわりや腰痛などの症状=
自分の体が引き起こしている


そのことをしっかり理解して
赤ちゃんにありがとうと言ってあげてください
出産を終えてしまった人は
お子さんに対し
あの時はお母さんに教えてくれていたんだね
って伝えて抱きしめてあげましょう

2018年04月23日 09:21

産後の骨盤矯正の早期回復のために必要なこと

o0600040014059279564

こんにちは和屋院長の小田です
本日は産後の骨盤の歪みにお悩みの
30代女性Nさんのお話しです


産後の骨盤と聞いて
みなさんはどんなイメージがわきますか?
出産によって開いてしまう
骨盤が歪む・・・
などでしょうか?


先日来られたクライアントのNさんは
産後に腰が痛くなったりしたため
骨盤が揺るんでしまっている
骨盤が歪んでいると感じ
骨盤ベルトでガッチリ固定!
産後によく聞くエクササイズも
とっても頑張っていました


が、腰痛はよくならない


キネシオロジーにて検査したところ
腰痛の原因は感情の乱れと
平衡感覚の機能低下と
骨盤の可動域の減少でした


まず骨盤は固めてしまってはダメなんです!


え?っと思う方もいらっしゃると思いますが
人間が様々な動きをする過程で
骨盤は身体の中央で分岐点となり
動きに合わせて様々な方向に動きます
そうすることで人間の動きを
ロボットのような硬い動きではなく
柔らかい動きにしたり
重力や衝撃から守っているのです


今回の場合、まず骨盤ベルトで固定していたこと
次に産後に緩んだ骨盤を固めないとと
強い感情がはたらき、柔軟に動くという
脳からの信号が機能せず
神経、血流、筋肉の働きを
間違った方向へ動かしていたことが
腰痛の1番の原因と考えます


骨盤が緩んでしまうのは
実は出産のせいではなく
自律神経の乱れが原因しているのです
正確には骨盤は通常緩むものなんです
自律神経の働きによって
日中は締まり、夜に緩む
骨盤が締まることで力が入りやすくなり
骨盤が緩むことでリラックスしやすくなります


産後はホルモンバランスが乱れ
自律神経が正常に機能しなくなるため
骨盤の緩んだり閉じたりする動きが
できなくなり起きている日中も
緩んだ状態になります


つまり自律神経の乱れが整えば
骨盤は自然に閉じます


次に平衡感覚の機能低下の問題ですが
耳の中の内耳にある前庭という部分で
身体の傾きや重力を感じています
そして人間の持っている
右利き左利きという個人個人の特徴から
右重心左重心という左右差を
生み出しています


例えば右足重心で立つ人の場合は
骨盤の右側が上方します
そうすると骨盤は必然的に
左に傾きます
骨盤の歪みはこのようにして生まれます
さらに背骨をみていくと
骨盤が左に傾くことで
背骨も左に倒れていきます
背骨が左に倒れることで
頭の重心が左に移動し頭をを右に傾けます


右重心の人全てが
このパターンになるわけではありませんが
ここに前後での重心も加わり
身体は絶妙にバランスをとっています


そこで先ほどの前庭が機能し
身体が傾いていますよぉと
脳に伝達し身体が補正していき
よりまっすぐに戻そうとします


ですが神経伝達の乱れが生じることで
補正が効かなくなり傾きは
慢性化していきます
そしていつしか傾きが正常と
判断してしまい強固な歪みが生じます
この歪みが右や左などの
局所的な痛みを引き起こすので


骨盤の捻れや傾きなどの歪みも
出産が原因しているのではなく
神経の流れをコントロールしている
自律神経の乱れが根本原因です


日中動きの中で痛みを感じる場合は
骨盤が締まらなくなっている状態
夜寝ているときに痛くなる場合は
逆に骨盤が緩まなくて身体が
リラックスできていない状態が
予測されます
また日中、夜中など関係ない場合などは
骨盤の強弱の問題ではなく
肝臓や腎臓など内臓の生理機能などに
問題があることが多いです


細胞からキレイになる
自律神経整体で産後の身体を
整えてみませんか?

2017年10月30日 19:46

股関節痛・腰痛・生理痛などの原因は消化器系の疲れ・・・?

8-5

こんにちはなごみや院長の小田です
朝と夜がめっきり秋らしくなってきましたが
この時期とても目立つのが
消化器系のトラブルです


来院時の症状としては
股関節痛や腰痛、生理痛などで
消化器系のトラブルとは
全くの無関係のように思われがちですが
消化器系の機能の改善で
症状が消えるたり楽になったりしています


この時期の全ての症状が
消化器系のトラブルが原因している
わけではありませんが
かなり目立ちます


夏場に冷たい物を好んで
飲み食いしたことで
胃腸の疲れがこの時期は
とても出やすいです

上記にあるような
股関節痛や腰痛、生理痛などに
最近心当たりがあり
さらに食欲がないと感じる方は


たとえ食欲がなくても
あっさりした冷たいものを食べるのではなく
あたたかくてバランスの良い
食事をすることで症状が改善される方も
いらっしゃいますので
一度ご自身の胃腸に
目を受けてみてください


筋肉と内臓は自律神経を通して
反射し合っているので
筋肉の痛みの原因が
内臓にあることは多いです
また内臓に原因がなくても
自律神経が乱れている場合は
内臓の正しいデータを
筋肉に伝えることができずに
症状を引き起こすこともあります


当院では症状そのもに対する
アプローチではなく
痛みの原因となっている
体内の内臓や神経系への
アプローチをするため
股関節痛や腰痛、生理痛などの
症状に加え、消化器系や
呼吸器系、生殖器系などの
不調も同時に改善していくことができます


みなさんが思っている以上に
身体の中っていうのは
1つに繋がっているんですよぉ

2017年09月07日 19:25

臨月の腰痛と足の付け根の痛み

fd929243d32a9455f91bf138caf13d5b

今日は臨月による腰の痛みと
足の付け根に痛みがある
Oさんのお話し


妊娠後期になると
当たり前ですがお腹が大きくなります
お腹が大きくなるとバランスをとるために
反り腰になっていきます
これは筋力が弱い
華奢な女性ほど反りは強くなります


通常この反り腰が妊娠中における
腰痛の原因とされています


Oさんもその一人で
腰が痛いから運動不足を心配し
よく歩こうと心掛けるけど
立ち姿勢や歩く時間が長くなると
腰を反らす時間が長くなるため
残念ながら痛みは強くなります


ではどうしたらいいのか?


実は反り腰は腰痛の原因ではあるが
骨盤の状態(機能)によって
痛みを軽減させていくことができます
正確にいえば骨盤の状態で
反り腰を抑えるのですが・・・


骨盤がより安定してくると
下半身が上半身をしっかりと
支えることができるため
腰を反らしてバランスをとらなくなるのです


Oさんの骨盤が不安定になっている
大きな原因は呼吸器系にあり
そのため呼気が浅くなり
脳脊髄液の流れが乱れ
骨盤を閉める力が弱まっていたのです


Oさんは出産まであと一月です
反り腰になっていたことで
股関節と骨盤の角度が
難産になりやすくなっているので
練習したエクササイズを
頑張っていただけたらと思います


あと1月です、頑張って
そして出産を楽しんで下さいね

2017年03月27日 19:00

妊娠中の腰痛・恥骨痛の原因

fd929243d32a9455f91bf138caf13d5b

今日は安定期に入った
妊婦のNさん女性のおはなし


Nさんは現在お腹の中に
お二人目のお子さんを妊娠中
お一人目の出産以降
腰痛を抱えており
現在はお腹も大きくなってきて
痛みがより強くなってきたということ


痛みは左側の腰(仙腸関節)から
お尻にかけてあり
痛みが強いときは恥骨辺りにも
出てくるそうです


Nさんは検査の結果
胃や腸などの内臓同士の
バランスの乱れが腰痛を誘発しており
その原因が糖質の過多にありました


Nさんは現在、呼吸器系
特に左の肺の状態が悪く
これがバランスを乱していたのです


肺の機能を高めていき
糖質によって傷ついた肝臓への
ストレスを軽減し痛みはほぼ改善


今回はつわりも酷く
安定期がきてもなかなか体調も
良くならないということですが
呼吸の状態が安定し
肝臓の機能が上がれば
体内のエネルギーが上昇し
力がみなぎってきますよぉ


まだ出産まで時間がありますが
一人目のお子さんの育児も一緒に
楽しめるようになるといいねぇ

2017年03月17日 18:56