愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋【なごみや】

内臓の循環やホルモンバランスなど体の中から歪みを整える整体院

  • 無題7
  • 0000553434.jpg
  • 0000553473.jpg
  • ホームページバナー5

HOMEブログページ ≫ 精神疾患・心の悩み ≫

Blog&症例報告

自律神経失調症と対人恐怖症の原因

ブログ画像

こんにちは和屋院長の小田です

本日は自律神経の乱れによる

原因不明の慢性疲労と動悸、対人恐怖症にお悩みの

20代男性Yさんのお話しです

 

 

Yさんの動悸や疲れが取れないという症状は

2回の施術でほぼ改善し

対人恐怖症も2ヶ月弱の施術で無くなりました

 

 

Yさんは当院に来院する前に

心療内科での治療を受けており

「気の持ちよう」と最終的な診断をされ

当院に駆け込んで来られました

 

 

なぜ心療内科でも全く改善しなかった

対人恐怖症や自律神経失調症が

2ヶ月ほどで改善し毎日を楽しめるようになったのか?

 

 

当院では、恐怖症や不安症、パニック障害など

普段、心の問題とされる症状の原因は

心の問題ではなく、内臓の循環や、呼吸、ホルモンや代謝など

人体の生理機能の問題として捉えています

自転車のチェーンが錆びると、ペダルが重たくなるのと同じように

体の酸化が進むと内臓の動きは鈍り、生理機能は重たくなります

体に余裕が無くなったことで、人との会話や

他人の目、他人の感情といった

誰もが気にするストレスの処理が出来なくなるのです

 

 

「体に余裕が無いから心に余裕が無くなる」

 

 

恐怖や不安という感情は不要なものでしょうか?

人は恐怖や不安という感情が存在することで

危険を回避し安全に生活することが出来ます

確かに楽しみや喜びといった感情と比べると

恐怖や不安は強いストレスを生みます

でも恋愛でのドキドキはどうでしょう?

好きな人に嫌われたくない

誘いを断られたらどうしよう?

そんな感情から恋愛の甘く切ない感情が生まれるのです

なかにはこのドキドキを楽しみたいと思う人までいます

 

 

当院独自の検査法により

内臓の機能が低下している原因を特定し

自律神経を整えることで

体の余裕が生まれます

体に余裕が出来ることで

今までストレスと感じていたものが

楽しみや幸せと感じるのです

 

 

今まで苦痛となっていた人との会話も

実は自分を成長させてくれるとても大切な時間です

相手のことを知り、自分を知ってもらうことの幸せを感じて下さい

また、周りが何を考えているのか分からないからこそ

人との関わりは楽しいのです

何でも人の気持ちが分ってしまうと考えたらどうですか?

それこそ人と会うことが恐くなってしまいますよ

他人の考えや視線が気になるのは、楽しめるということです

 

2018年12月04日 16:46

子どものヤル気とお母さんの腰痛の関係

150403

全てのお母さんはプライドと

責任感を持って子育てをしています

100人のお母さんがいたら

100通りの概念ややり方か存在しています

 

 

こんにちは和屋院長の小田です

本日は腰痛に悩む40代のNさん女性のお話です

 

 

Nさんは腰痛や不安感、婦人科系の症状に

悩まれ来院されてきました

と同時に娘さんとの関係性にも

悩み奮闘していらっしゃいます

 

 

当院独自の検査法により

Nさんには承認欲求からくる劣等感

劣等感による過度な緊張が様々な症状を

引き起こしていました

 

 

母親としてご自身の育児を認めてもらいたい

女性として老いていく自分を認めたくない

そんな感情から自分の子どもを

他人のお子さんと比べている

若々しいママ友と自分を比べている

そんな思考パターンは

実はどのお母さんにも存在します

 

 

自分が抱く感情や思考パターンは

特別なものではなく

誰でも抱くものなんだと認識し

認めてあげることで

自分に降りかかっていた症状が

嘘のように消えていきます

 

 

Nさんも初回からたった3回の施術で

起き上がるのも辛かった腰痛が

ほぼ改善しています

 

 

またご自身の根底にある概念に気付き

娘さんとの接し方に変化が生まれることで

今までガミガミ「勉強しなさい」と

圧力を掛けていた教育法に変化が生じ

娘さん自ら机に向かい勉強をするという

好循環が発生しています

 

 

自分の体も娘さんも

見方を変えてあげることで

反応が変わってきます

 

 

自律神経整体で体を変化させていくことの

最大のメリットは

ご自身の体が健康になることだけでなく

自分を取り巻く環境が変化していくことです

 

 

潜在意識の自分と向き合うことを望まれているなら

いつでも当院にご相談下さい

2018年11月21日 12:45

出口の見えないパニック障害を克服する方法

bfba40e64b1226ffe3c502f32b0220f9

こんにちは和屋院長の小田です
本日はパニック障害を克服するための
重要なお話しをさせていただきます


現在日本では20人~60人に1人という割合で
かかっているというデータがあるほど
珍しい疾患ではなくなっているパニック障害
当院にも、何らしかの恐怖や不安の感情を抱え
何年も悩み苦しんでおられる方が
日々来院されています


パニック障害が発症する要因には
強い感情による心への衝撃です


閉鎖された空間に閉じ込められた・・・
両親からの過剰な教育・・・
部活での虐待、友達からのいじめ・・・
流産や堕胎、性的トラウマ・・・


そのため、パニックが起きる状況も
人によって様々です


パニック障害に陥った方の多くが
心療内科などでカウンセリングを受け
パニックを引き起こす状況を避けるよう
指示をされ、効率の悪い生活を送っています
しかし、パニック障害の要因となった出来事の多くは
普段の日常生活の中で起こったことのため
避けて通れないことの方が殆どです
完全に避けるためには
仕事を変えたり、引越しをしたり
生活環境を変えなければならないという
現実の壁にぶつかるという更なる悩みを引き起こします


では、全ての人が同じような衝撃を受けた時に
パニック障害を引き起こしてしまうのでしょうか?


私の臨床上の経験から
パニック障害に悩む方には共通点が存在します
それは幼少期を中心とした感情の抑圧です


人にはそれぞれ生きる目的が存在しています
好きだよって、愛されたい・・・
凄いねって、褒めてもらいたい・・・
仕事や成績などで、人の上に立ちたい・・・
いいよって、許してもらいたい・・・


これらの感情が抑圧となり
満たされなかったり、達成できないと
劣等感や罪悪感、承認欲求などが強まります
そして、人や自分に対して
不安や恐怖、怒りといった感情が襲ってきます


このような抑圧が強まることで
不安、恐怖、怒りなどの
パニックを引き起こす感情が強くなるということです


自分の根本にある目的に満たされていると
抑圧は下がります
そのため、同じような状況になっても
パニックを引き起こす程の感情は
生まれないということです


幼少期の自分はどんなだったか
どんなことに喜び、どんなことに悲しんだか
それらを思い出していくことでも
自分の生きている目的が見えてきます
特に幼少期に起きた感情の抑圧は
成長をすると諦めに繋がり
反発をすることが多く
今現在の自分が大切にしていることであったり
ポリシーとなっているものが抑圧となっていることが多く
本来の目的とは逆になっています


自分の本来の生きる目的が見つかると
そこに克服への出口が見えてきます

2018年09月03日 09:46

精神疾患は心に問題はない

不眠症③

こんにちは和屋院長の小田です
本日はうつ病や心身症などの
精神疾患についてお話しさせていただきます


タイトルにあるとおり
私は精神疾患は心に問題はないと考えています
来院されるお客様に対して
このように伝えると、皆さんは必ず
「えぇー」っと怪訝な顔をされます


当院に精神疾患を患って来られる方の
ほとんどは様々なクリニックに行っていたり
カウンセリングを多く受けてこられている人です
長い年月を心に問題があると言われ
自分は心に問題があると
脳に刷り込まれてしっまているので
私の言葉に初め抵抗を示します


では精神疾患はどこに問題があるのか?


まず精神疾患の問題は心にはないけど
感情をコントロールする心が病んでしまい
身体に様々な症状が出ているということを
理解していかなければいけません


心が病んでいる状態というのは
心に余裕が無い状態が長期間続いたときに
引き起こされています
そのため心に余裕ができれば
心意的な症状は改善していきます


心とは東洋医学では感情を司り
脳と密接に関わっているとされています
みなさんも分っている通り
心は身体の一部で
肝臓や肺などの他の臓器と
互いに協力し合って活動しています


例えば身体のPHが酸性に傾いてしまって
体内が錆び付いた状態になれば
血流を始めとする生理機能が低下し
体内活動に余裕がなくなるのは
なんとなく理解できますよね


精神疾患を患っておられる方の殆どは
不眠、便秘、下痢、動悸、食欲不振、頭痛など
身体的な症状を併発しています
今までは心が患うことで
このような身体的疾患を
引き起こすと考えられていました
しかし心が身体を蝕むのではなく
心も身体の一部と考えると
身体的症状も感情の病も同じということです


身体の細胞をデトックスし浄化されれば
生理機能が正常に働き余裕が生まれます
感情を処理する心や脳も同じで
細胞が綺麗になって活性化されれば
心と脳の機能に余裕が生まれ
様々な感情を適切に処理し
人生を楽しむことができるのです


細胞の浄化は身体が本来持っている
生理機能の1つです


身体の働きが正常になれば
身体に余裕が生まれ
頭痛や便秘、不眠などの
身体的症状も
うつ病や心身症などの
心意的症状も改善する


今までは全てに対して余裕がないのに
原因を心に持っていってしまったことで
感情的に分っているけど
どうしようもできないってなっていたのです
だから余計にもやもやするし
葛藤も生まれたりします


身体の機能をコントロールしている
自律神経の乱れが整うことで
身体はより健康になり
心の問題は自然と改善します


当院では自律神経の乱れの原因を
潜在意識から導き出し
カウンセリングと施術により
生理機能を正常化させることができます


もう悩む必要はありません
心と身体を健康になりましょう!

2018年06月08日 09:33

大切な本番で力を発揮できない!その原因

large_1220830_5

こんにちは和屋院長の小田です
みなさんは今までに
大切な会議やプレゼンテーション
大きな商談の時など
また部活動での大きな試合や
コンクールや発表会など
一生懸命打ち込んできたことの
成果を出し切る場面で
普段の力を出し切れなかった
もしくは半分の実力も出せなかった
という経験はありませんか?


これは自分の過去に起きた
ミスや失敗などの経験から
間違えてしまったらどうしよう?
出来なかったらどうしよう?
などといった感情から
ネガティブフィードバックを受けた体が
自分の意図しない動きをしたり
脳の活性化を妨げたりして
頭が真っ白になったりすることが
原因しています


しかし中には試合や会議の本番になると
ネガティブフィードバックの影響を受けずに
いつも以上の力を発揮する人や
普段は出し切れないような人でも
その日は力を出し切れたりすることがあります


同じように練習や準備段階で
失敗やミスをしているのに本番に強い人や
本番に弱い人でも調子のいい日など
大切な本番で実力を出し切ることに
差が生じて結果、成績に差が出ることも
少なくありません


このような差はなぜ生まれるの?


よく言われているのが「集中力」
確かに集中力には個人差があります
どこかで集中力を切らしてしまう
でもこの集中力を切らしてしまう人って
集中を切らしてしまおうと思っているわけでは
ないですよね?
何なら集中を切らさないように気を使っています


また本番でよくミスをしたり
力を出し切れない人ほど
過去の自分の経験から
事前の準備や集中することを
怠らないように気をつけます


なのに・・・


実はこの本番に弱いや集中力には
自律神経の乱れと大きな関わりがあります


人が大切な何かに向かうとき
過去の経験からさまざまなストレスを感じます
これは上手くいく人もいかない人も同じように


ここで差が出るのがストレス耐性です
ストレス耐性とはストレスに対するタフさや
ストレスをどれだけ耐えられるかという
抵抗力を指します
ストレス耐性が高いとネガティブフィードバックの
影響は受けにくく、低いと受けやすく
ミスや集中力の低下に繋がります


自律神経の乱れがあり
生理機能が正常に働いていないと
体の各器官や臓器に大きな負担が掛かり
ストレスに耐えるエネルギーが不足します
そのためストレス耐性が下がり
ネガティブフィードバックを受けてしまうのです


大切な試合や大きな会議などで
緊張しない人などいません!
その緊張に押し潰されてしまうのか?
逆に緊張をプラスの力に変えるのか?
ストレス耐性が高い人の中には
本番前の緊張を楽しむ人もいます


結果や成績がどちらがいいかは
誰でも分かりますよね?


あなたは大切な本番を
楽しめていますか?

2018年03月30日 09:10