愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋【なごみや】

内臓の循環やホルモンバランスなど体の中から歪みを整える整体院

  • 無題7
  • 0000553434.jpg
  • 0000553473.jpg
  • ホームページバナー5

HOMEブログページ ≫ 肩こり ≫

Blog&症例報告

酷い肩こりや原因不明の頭痛による嘔吐

o0480035113661946175

こんにちは和屋院長の小田です
本日は肩こりや頭痛にお悩みの患者さんのお話しです
患者さんは20代後半の男性
主な症状は酷い肩こりや首のこり
それに伴う頭痛になります


特に後頭部と首の境目となる
後頭環椎間での詰まり感や
重だるさ、気持ち悪さがあり
何をしてても憂鬱に感じていました
自律神経に乱れが生じている方は
この後頭環椎間での
凝りが強くなっていることが多く
頭の付け根辺りのこりが
気になっている方は
自律神経が乱れている可能性があります


まずは関節の可動域など動きのチェック
片足立ちなどのバランスのチェック
この動きやバランスの検査で
骨格の歪みや神経伝達などを
細かく調べていくことができます


次にキネシオロジーを用いて
肩こりや頭痛、さらには嘔吐など
症状の原因を検査していきました


まずは頭蓋骨の歪みからくる
呼吸の浅さに反応あり
次にミネラル不足
そして承認欲求が強いことからくる
嫌われたくないという不安感がありました


頭蓋骨を調整し呼吸を安定させ
ミネラルの吸収率が上がるよう
胃腸の調整と食事指導
あとは感情の捉え方などを
カウンセリングによってお伝えさせて頂きました


2回目に来院されたときには
頭痛や気持ち悪さは殆どなくなり
嘔吐もしていないというご報告
まだ、その他の倦怠感や
不安感などは残っているということで
引き続き体質改善を取り組むことに


肩こりや頭痛などは自律神経の乱れが
原因していることが殆どです
原因が分からない症状やお悩みは
自律神経専門整体院である当院に
お任せ下さい!

2018年09月10日 09:48

肩こりと生理痛の関係

姿勢分析ベース

こんにちは和屋院長の小田です
本日は慢性的な肩こりと生理痛に
お悩みの20代女性Yさんのお話しです


私のブログを見て頂いている方は
肩こりと生理痛には深い関係があると
理解されている方が多いと思いますが
当院に初めて来院された方に
肩こりと生理痛には関係があって
原因も同じなんだよって説明すると
みなさん殆どの方がビックリされます


また体というのは、とても不思議なもので
同じように肩こりと生理痛に悩んでいる
AさんとBさんがいるとします
Aさんは雑誌で肩こりの原因になるのが
砂糖などの甘いものと知ります
Bさんはグーグル先生から
生理痛の原因が同じように甘いものと知ります
AさんとBさんは、その日からお互い
甘いものを絶つとAさんは肩こりが
Bさんは生理痛が改善されていきました
しかし、Aさんの生理痛には変化がなく
Bさんの肩こりにも変化が見られないことがあります


これはどういうことなのか?
脳が知らないということです


体は脳の指示によって動きます
動くのは筋肉だけではありません
心臓も肺も胃も、体の全ての機能が
脳を始めとする神経系によって
動き働いているのです
しかも記憶という情報によって
動きはより明確になります


Yさんのお話しから少し逸れてしまいましたが
肩こりと生理痛には関係があると
脳が認識し気付くことで明確な指示を
体の全ての細胞に送ることができます


肩こりも生理痛も血液循環の悪さが
原因しています
肩こりは肩の筋肉へ
生理痛は子宮内膜への
血流の悪さが原因で
老廃物の排泄や細胞サイクルの低下が起き
肩こりという不快感や
生理痛という痛みとなって表面化します


次に血流の悪化の原因となるのは
心臓、血管、赤血球、白血球などの循環器
酸素を取り込む呼吸器
栄養素を吸収する消化器
血中内の水分量を調節する泌尿器
臓器の働きを微調整するホルモンバランス
これらのどれか1つでもしっかり働かなくても
血流は低下し血行不良を引き起こします


Yさんの場合は消化器系に問題がありました
さらに原因を調べていくと
お母さんにたいする恐怖という感情があり
幼少期より厳しく教育されてきたことによる
潜在意識レベルでの母への恐怖が
肩こりと生理痛の原因でした


感情は自身がどうとらえるのかで
様々な形に変わります
お母さんの厳しい教育を
恐いと感じるのか感謝と感じるのか
厳しく育てて頂いたことでの恩恵が
Yさんの人生でいくつもあるはずです
その一つ一つを思い出し
感謝をすることで
お母さんへの恐怖は解放されます
また恐怖というのはデメリットだけではありません
恐怖を知るから人は慎重になり
無鉄砲な行動はとらなくなります


人は思考や概念が変わると
信じられないような変化を起こします

2018年07月07日 09:39

肩こりは揉んでも治らない!

050

こんにちは和屋院長の小田です
本日は肩こりについてお話ししていきます
タイトルにあるように肩こりは
マッサージなどの揉みほぐしをしても
根本的な改善には繋がりません


気持ちよく、スッキリさせることと
改善は違うのです!


そもそも肩こりとはなぜ起きるのか?


肩こりは肩や首の筋肉
主に僧帽筋や斜角筋、肩甲挙筋などに
疲労物質が溜まり
筋肉の質が低下したことを脳に知らせて
脳が痛みや疲労感として
私達の感覚を刺激して起こります


では、なぜ疲労物質がたまるのでしょう?


まずインナーマッスルと
アウターマッスルの性質の違いを
知ることが重要になってきます


肩や首のこりの発信源となっているのが
僧帽筋や斜角筋、肩甲挙筋などの
首から肩や肩甲骨の周りに
付着しているアウターマッスルで
骨格の動きを主導する筋肉です
アウターマッスルは伸縮をすることに
優れており関節の曲げ伸ばしなどの
身体を動かすことが得意な筋肉なんです


しかしアウターマッスルは
緊張を持続させるのは苦手で
姿勢の維持など身体を支えることを
得意としていません


そこで登場するのがインナーマッスルです
インナーマッスルは脊柱起立筋など
アウターマッスルに比べると細く短い筋肉が多いですが
いっぱい集まることで
アウターマッスルよりも我慢強く
じっと耐えることが得意な筋肉になります
我慢強く耐えることが得意なため
姿勢の維持など身体がふらつかないように
支えてくれている筋肉なんです


表に出て活躍する花形のアイドルが
アウターマッスルだとすると
それを支えるマネージャーやスタッフ
そして多くのファン達がインナーマッスル
みたいな感じですかねぇ(笑)


話しが飛びましたが
このインナーマッスルが何らかの原因で
機能が低下してしまうと
重たい頭をを支えることができなくなるため
アウターマッスルが苦手な作業を
しなきゃいけなくなるため
必要以上に筋肉が緊張し疲労するのです


インナーマッスルの機能低下の原因には
神経伝達の問題や内臓反射による弱化、
血行などの循環器の問題などがあり
さらにそれらを引き起こすのが
ストレスや感情、電磁波などになります


このように身体の表面にある
筋肉を揉みほぐすことでは
頭から首を支えるインナーマッスルの
機能を回復することができないため
僧帽筋などの過度な緊張は続くのです


この考えは腰痛や40肩など
身体のいたるところにも当てはまりますので
いつか腰や肩関節のところで
お話しさせていただきます


自律神経の乱れを整え
神経や内臓機能を高めることで
慢性的な辛い肩こりは改善します


便秘や下痢、生理痛や生理不順
胃もたれや胸焼けなど
体内の機能低下と肩こりは
繋がっている可能性がありますよ

2017年10月05日 19:34

首の寝違えの原因は横隔膜の緊張にあり

050

本日は朝起きたら
首が寝違えていて
右の首筋に痛みがある
女性Yさんのおはなし


Yさんの首の状態としては
まず右を向くと痛みが出る
(左側では全く無い)
次に上を向く動作でも痛みが出る
(右を向いての上向きも出るが
左を向いての上向きは無い)


検査を進めていくと
寝違えの原因は胸郭の動きに
ロックがかかっていることで
ロックを掛けているのが
横隔膜でした


横隔膜を緊張させていた
肝臓や呼吸器の機能を
改善することで胸郭の
ロックが外れ首の痛みが改善しました


術後には首をどの方向に
動かしても痛みは無く
私生活のアドバイスをして
本日は終了


今回は首へのアプローチは
一切行っておりません
よく当院の施術を受けられる方が
「首は触らないの?」
「腰は触らないの?」など
痛みの出ている患部に対する
施術をなぜしないのか質問されます


なぜなら痛みが出ているところに
原因はなく痛みが出ているところは
あなたにとっての弱い部分だから
まずは守ってあげることが重要なんです


痛みがある部分に施術をするといことは
弱い部分を攻撃しているということです
患部に毒を塗って麻痺させる行為は
一時の満足感が得られますが
健康な身体から離れていきますので
気をつけてくださいねぇ

2017年04月11日 19:03

産後の体質改善で育児疲れ、腰痛、肩こり知らず

catch

本日は産後6ヶ月から
産後の骨盤矯正に来られた
Mさんのおはなし


Mさんはお一人目を出産後来院
現在1ヶ月ほど経過
当初はもともと気になっていた冷え性や
育児中のお母さんによくある
肩こり、腰痛もある状態で
産後の骨盤ケアのために
体質改善を提案させていただきました


検査を進めていくと
Mさんは免疫力も弱く
呼吸が浅いというのが問題でした


呼吸と骨盤の動きは
密接に関係しており
呼吸が浅く呼気が弱い人は
骨盤もしまらず安定しないんです


また呼吸が浅いことで
首、肩の筋肉が収縮してしまうため
肩こりを引き起こします


Mさんの場合まずこの1月ほどで
呼吸が大きくなってきて
骨盤と胸郭の動きにリズムが
出てきたことで肩こりと腰痛が
改善してきました


最近では睡眠も深くなったようで
疲労感をあまり感じなくなったと
嬉しい報告を受けました


体質をしっかり改善させるには
まだまだ時間は掛かると思いますが
少しずつご自身の身体で
体質の変化に実感が出てきたことと思います
2人目への意欲もより強くなってきたかなぁ

2017年03月23日 18:59

寝違えのような首の痛み

36-pixta_31001239_S

今日は定期的に首が
寝違えのような痛みが出る
42歳女性Yさんのおはなし


Yさんはちょくちょく首の左側が
「また寝違えちゃった?」っていう感じで
痛くなるようでそれにともない
肩甲骨に痛みが出ることも
あるそうです


まず検査をすすめていくと
呼吸器系にトラブルがでており
特に気管支の機能が低下していました
そして次に泌尿器系、免疫系と
原因を掘り下げていくことができました


その要因として反応したのが
ウイルスと薬でした


Yさんにおはなしをお伺いすると
現在婦人科から処方されている
薬を飲んでいること
最近トイレが近いこと
もともと呼吸器系は弱いが
最近せきが多くでることがわかりました


ここからわかることは
まずお薬を飲みだしたことで
腎臓の機能に影響が出て
免疫力がさがり
ウイルスが気管支に入り
せきが出だしたのではないかと
思われます


そしてせきから守ろうと
胸郭を緊張させたことで
肋骨、肩甲骨、鎖骨の
動きを制限し首と肩甲骨の痛みを
誘発したと考えられます


今日は腎機能を高めることと
肩甲骨の位置を少し
調整していくことで
痛みも可動域も
かなり改善できました


婦人科のお薬は
ずっと飲み続けるという訳では
ないようなので飲んでる間は
マスク等をして
ウイルスから喉を守ってくださいね

 

2016年12月27日 18:24