アトピー性皮膚炎 | 体の根本から歪みを整え難治症状を改善に導く 愛知県大府市の自律神経専門整体【和屋】

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の原因
アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は皮膚に表れる病気のため、皮膚病と勘違いされている方も多いです。しかし、皮膚に表れている乾燥からくるゴワゴワ、カサカサやジュクジュクしてしまうのは、皮膚に問題があるわけではなく体内の毒素を処理できないことが原因しています。

また、乳幼児など産後間もない時期から発症する場合と、思春期を過ぎた大人になってから発症するのでは原因が違ってきます。幼少期でのアトピー性皮膚炎の原因は、消化器系をはじめとする臓器や機能の未熟にあります。幼少期は消化器系である胃腸機能が弱く、母乳やミルクのタンパク質や脂質を分解することができず、便秘や下痢をすることで体外に排泄できないことで、体が異物と判断し免疫反応を起こします。大人になると消化器系は既に発達しているため、大人になってからの突然の発症は胃腸機能の低下が直接的な原因となります。

アトピー性皮膚炎の施術

発症期が乳幼児と大人とで原因が違うため、乳幼児と大人ではアプローチ方法も違ってきます。

乳幼児のアトピー性皮膚炎は、臓器の発達を妨げている原因、もしくは機能低下の原因となっている要因を排除していくことで改善していきます。要因として多いのが、胎児の時のお母さんの体質の問題です。つわりが酷い、お腹が張りやすい、逆子など、妊娠中のお母さんの体調は赤ちゃんの環境が悪化していたことのサインですので、妊娠中のお母さんはご自身の体調に注意してあげてください。

大人のアトピー性皮膚炎では、内臓機能の低下が低下している要因を排除していくことで改善していきます。仕事や人間関係などのストレス、環境ホルモン、排ガス、化学物質、電磁波、などが要因となります。

乳幼児、大人ともにアトピー性皮膚炎を悪化させるアレルゲンを排除するのではなく、アトピー性皮膚炎の根本的な原因となる内臓機能の低下、未熟を引き起こしていることを取り除くことで根本改善しステロイドなどの薬を飲み続ける生活から解放されます。

どれくらいで改善するの?

アトピー性皮膚炎に悩まれている方は、長年苦しんできているため、体質改善に必要な時間がどれくらい必要なのか気になりますよね。目安として乳幼児は3ヶ月~6ヶ月、大人は6ヶ月~1年で概ね皮膚の状態は安定します。その後は、生活環境により定期的なメンテナンスが必要な方とそうでない方に分かれます。

アトピー性皮膚炎の改善報告

アトピー性皮膚炎の原因

施術の流れ

アトピー性皮膚炎
1.受付

ご来院されましたら、受付を済ませます。
受付にてカルテに必要事項を記入して頂きます。(現在お悩みのことや過去の症状など)

アトピー性皮膚炎
2.カルテの記入

カルテの記入が終わりましたら、問診&カウンセリングです。
お悩みの症状や来院目的をじっくりお聞きします。この時間に聞ける情報がこの後の検査、施術に差が出ますので話したいことは遠慮せずお話しください。

アトピー性皮膚炎
3.検査

問診及びカウンセリングの次は検査です。

関節の可動域検査、整形外科的検査、筋力検査などによって、痛みや症状の部位や特徴を調べていきます。

アトピー性皮膚炎
4.姿勢チェック

検査の次は施術前の姿勢チェック

アトピー性皮膚炎
5.キネシオロジー検査

次はキネシオロジー検査です。

キネシオロジー検査を用いて、お悩みの症状の原因を潜在意識から導きます。
(先ほどの体を使った検査をもとに、生理機能の低下している器官、機能低下の原因などを聞いていきます。)

アトピー性皮膚炎
6.施術

キネシオロジーで原因が特定されたら施術を行います。

主な手技はエネルギーテクニック、クラニアルテクニック、内臓テクニックになります。

アトピー性皮膚炎
8.再度確認

施術が終わったら、異常があった検査を再度確認します。

施術前との動きの変化を実感していただきます。

アトピー性皮膚炎
9.術後説明

体の変化を確認したら術後説明です。

検査で得られた情報から、症状の原因や生活習慣でのアドバイス、改善までの施術計画をお伝えします。

アトピー性皮膚炎
10.術後姿勢チェック

最後に施術後の姿勢をチェックして終了です。

施術前と施術後の姿勢の変化の画像は「LINE@」から送信させて頂きますので、予め友だち追加しておくとお手間が省けると思います。

アトピー性皮膚炎
11.お会計

お会計と次回のご予約をして終了です。
次回のご予約は強制ではありません。

0562-44-8765
アクセス

LINEからご予約

24時間OK
LINEで予約する手順