花粉症・アレルギー性鼻炎 | 肩こり腰痛からアトピー・不妊症などの難治症状まで改善する愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋

花粉症・アレルギー性鼻炎

こんな症状問題お悩みではありませんか?

  • 花粉の季節はマスクを手放せない
  • 朝起きると鼻水が止まらない
  • 常に鼻が詰まってスッキリしない
  • 鼻水や鼻詰まりで夜眠れない
  • 花粉症や鼻炎の薬を飲むと眠くなってしまう
  • 薬に頼らず自然に回復したいetc・・・
今や現代病の花粉症
花粉症・アレルギー性鼻炎

構成労働省のデータによると、現在日本人の4人に1人が花粉症であると言われています。つまり4人に1人は1年の間で何かの花粉に苦しめられているということになります。私も10数年ほど前は毎年春先から梅雨入りあたりまで花粉症に苦しんでいて、酷いときは毎月ステロイドの注射を打ち、さらに頓服として1日2錠のステロイドの薬を飲んでいたこともありました。今ではステロイドを多様する治療は認められていませんが、今思えば何て恐ろしいことをしていたんだって思います。

今の小学生や中学生における花粉症の発症率は、私が小学生や中学生だった頃の比ではないくらい多いのが現状ですね。花粉症が徐々に毎年の行事のように扱われるようになった頃は、「花粉症は大人の病気です」って言われていたのを思い出します。花粉に対応するタンクがあって、それが一杯になると花粉症を発症する。一度発症すると一生治らない!これが昔の定説です。

でも今では小学生や中学生で花粉症の子供は珍しくもなく、幼児にも花粉症の子はいっぱいいます。当院に来られる子も、物心ついたときから鼻が詰まっているので、それが当たり前だと思っている子すらいます。

花粉は要因であって原因ではない

花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因は花粉やハウスダストなどのアレルゲンではありません。花粉や埃、ダニなどが、鼻や目から侵入し粘膜の細胞のセンサーに反応すると、ヒスタミンという神経伝達物質を分泌し、侵入してきた花粉や埃、ダニといった、人体にとって不要な物質を外に出すよう促していきます。ヒスタミンは炎症を促進させる物質のため、鼻水やくしゃみ、涙という反応が起きるわけですが、ヒスタミンが過剰に分泌されることで、慢性的な炎症を引き起こし、常に鼻水やくしゃみといった症状が続くのが、花粉症やアレルギー性鼻炎となります。
このように花粉症における各種の花粉は要因に過ぎず、ヒスタミンの過剰分泌が原因ということになります。

なぜヒスタミンの分泌が過剰になるの?
花粉症・アレルギー性鼻炎

そもそもヒスタミンは、花粉や埃といったアレルギー物質(アレルゲン)にのみ反応するのではなく、免疫機能の1つということです。自分の身体を守るための機能が免疫になるわけですが、ヒスタミンの働きとして血管を拡張し血圧を下げる働きがあったり、脳内でのオキシトシンの分泌を促す効果もあります。オキシトシンは幸せホルモンの1つでストレスを解消し多幸感を与えてくれる安らぎのホルモンです。そのため、現代のストレス社会による慢性的なストレスの蓄積や食の欧米化、添加物の乱用による血圧の上昇がヒスタミンの分泌を促進させている原因と考えられます。

『花粉症の人にとってヒスタミンは必要な物質ということです!』

免疫機能を抑制する働きを目的としたステロイド治療を続けると、ヒスタミンの分泌が低下しアレルギー反応は出なくなりますが、血圧の上昇やストレスを処理できなくなったり、慢性的なイライラを引き起こすことに繋がります。

花粉症は改善することが可能な疾患です
花粉症・アレルギー性鼻炎

花粉症は1度発症すると、一生治らないと思われている方も多いのではないでしょうか?何度もいいますが、ステロイドを常用するほどの花粉症だった私が、今では何の薬も飲まなくても春を乗り切ることが出来るようになったことが全ての証明です。花粉症を引き起こしていたヒスタミンの分泌が、過剰になってしまったために発症します。ヒスタミンの分泌が過剰になった原因である、ストレスの解消や食生活の改善を行うことで、花粉症は改善します。

当院では、さらに原因となっているストレスを特定し、血流を促し血圧を下げることが出来る、『炭酸自律神経整体』で、改善までの時短を可能にしております。小学生未満であれば概ね3ヶ月~6ヶ月、小学生以上であれば6ヶ月~1年ほどで、殆どの方が花粉症を改善しております。※当院が推奨する施術間隔やセルフケアを実施されている方に限る。

代謝と血流をアップさせ細胞を活性化させる整体

当院の『炭酸自律神経整体』は代謝と血流をアップさせ細胞を活性化させる独自の整体技術になります。

代謝は肝臓を中心に全身の細胞で自律神経のコントロールによって行われています。心臓も自律神経の働きによって調節されており、血流量、血圧などをコントロールされています。自律神経を最適化させることで心臓、肝臓をはじめ、全身の細胞を活性化させていきます。また炭酸整体のボーア効果と毛細血管を拡張させる効果を効果的に用いることで、生理機能の早期回復と更なる促進をさせることを可能としています。

施術効果は食生活の改善や運動を取り入れていくことで、早い方は1ヶ月程度で実感出来ると思います。関節の可動域などは初めて施術を受けた当日から変化が出ます。

 

一瞬で代謝と血流をUPさせ血圧を下げる『炭酸整体』
花粉症・アレルギー性鼻炎

炭酸整体ってなに?

炭酸(二酸化炭素)の働きを応用した整体技術になります。約15℃の炭酸ミストを患部に塗布し炭酸の働きである『代謝促進作用』『血行促進作用』『抗酸化作用』を利用し、皮膚や筋肉や靭帯といった軟部組織の新陳代謝が高まり、筋肉の深部まで柔らかくしていきます。その事によって痛みやコリの原因の個所まで苦痛なく刺激を加える事が可能となり患者さまへの負担を軽減する事ができます。また、痛みやコリの深部まで刺激が届く事によって施術効果が持続します。(持続性は個人差はございます。)

代謝と血行のアップや抗酸化作用が高まることで、骨折や打撲などの損傷の回復を早め、怪我からの早期回復が望めます。さらに筋肉の柔軟性がUPする為、関節の可動域が広がり、筋肉への血流がUPすることで、持久力の低下の原因となる筋疲労を弱めることに繋がりますので、アスリートの方のパフォーマンス向上へもお勧めです。

 

関連記事

施術の流れ

花粉症・アレルギー性鼻炎
1.受付

ご来院されましたら、受付を済ませます。
受付にてカルテに必要事項を記入して頂きます。(現在お悩みのことや過去の症状など)

花粉症・アレルギー性鼻炎
2.カルテの記入

カルテの記入が終わりましたら、問診&カウンセリングです。
お悩みの症状や来院目的をじっくりお聞きします。この時間に聞ける情報がこの後の検査、施術に差が出ますので話したいことは遠慮せずお話しください。

花粉症・アレルギー性鼻炎
3.検査

問診及びカウンセリングの次は検査です。

関節の可動域検査、整形外科的検査、筋力検査などによって、痛みや症状の部位や特徴を調べていきます。

花粉症・アレルギー性鼻炎
4.姿勢チェック

検査の次は施術前の姿勢チェック

花粉症・アレルギー性鼻炎
5.キネシオロジー検査

次はキネシオロジー検査です。

キネシオロジー検査を用いて、お悩みの症状の原因を潜在意識から導きます。
(先ほどの体を使った検査をもとに、生理機能の低下している器官、機能低下の原因などを聞いていきます。)

花粉症・アレルギー性鼻炎
6.施術

キネシオロジーで原因が特定されたら施術を行います。

主な手技はエネルギーテクニック、クラニアルテクニック、内臓テクニックになります。

花粉症・アレルギー性鼻炎
8.再度確認

施術が終わったら、異常があった検査を再度確認します。

施術前との動きの変化を実感していただきます。

花粉症・アレルギー性鼻炎
9.術後説明

体の変化を確認したら術後説明です。

検査で得られた情報から、症状の原因や生活習慣でのアドバイス、改善までの施術計画をお伝えします。

花粉症・アレルギー性鼻炎
10.術後姿勢チェック

最後に施術後の姿勢をチェックして終了です。

施術前と施術後の姿勢の変化の画像は「LINE@」から送信させて頂きますので、予め友だち追加しておくとお手間が省けると思います。

花粉症・アレルギー性鼻炎
11.お会計

お会計と次回のご予約をして終了です。
次回のご予約は強制ではありません。

0562-44-8765
アクセス

LINEからご予約

24時間OK
LINEで予約する手順