耳鳴りの根本原因と改善報告 | 肩こり腰痛からアトピー・不妊症などの難治症状まで改善する愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋

ブログ&症例報告

耳鳴りの根本原因と改善報告

耳鳴りの概要

こんにちは和屋院長の小田です。本日は耳鳴りに悩んでいた30代男性Sさんのお話です。耳鳴りには「他覚的耳鳴」と「自覚的耳鳴」があります。他覚的耳鳴は聴診器などを使用して音を増幅すれば他の人にも聞くことができるもので、体のどこかに雑音を発生させている原因があります。自覚的耳鳴は本人にしか聞こえず、その原因は多岐に渡ります。外耳炎や中耳炎、難聴、メニエール病などの耳に原因がある場合、高血圧や脳腫瘍、脳梗塞などの病気が原因で耳鳴りが起きている場合もあります。病院などで様々な検査をしても、体のどこにも異常が見当たらない場合などは、自律神経の乱れを指摘されることも多いにではないでしょうか?しかしこれらは全て耳鳴りを引き起こす要因に過ぎず、本来の原因ではありません。例えば高血圧が要因なのであれば食生活に原因があるかもしれませんし、過度なストレスや老化が原因しているかもしれません。

当院における耳鳴りの原因ベスト3

当院では他覚的、自覚的に関わらず、根本的な原因をキネシオロジー検査によって潜在意識から引き出していきます。その中でも特に耳鳴りの原因となっているものを3つあげていきます。

原因の1位はストレスや感情です。現代人は様々なストレスに向き合い、それによって怒りや恐れといったネガティブな感情を常に持って生きています。ネガティブな感情の多くは胃腸などの消化器系の働きを下げることが多いですが、聴覚や平衡感覚といった耳の神経系を低下させていくこともあります。また強いストレスは体内phを酸性に傾けるため、細胞の酸化(老化)を強めてしまいます。

2位はウイルスや細菌です。ウイルスや細菌と聞くと、感染症なの?と思われる方が多いのではないでしょうか?しかし今回の場合は腸内細菌など体の中にもともと存在する常在菌類です。有名なところでいえば口唇ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスなどは皆さん知っているのではないでしょうか?口唇ヘルペスは通常、迷走神経などの神経系に潜んでいて、免疫力が低下したときなどに勢いを増し、唇に水ぶくれや痒みなどを引き起こします。何らかのウイルスや菌が脳や聴覚に関わる器官に入り込んでしまうことで耳鳴りを引き起こすことは珍しいことではありません。

3位は重金属です。重金属の体内への侵入ルートは多岐に渡りますが、多くは食事か注射になります。水道水に含まれる鉛や銅は消化管を通って体内に侵入します。金属なので煮沸しても消えることはないので注意が必要です。予防接種やワクチンに含まれる水銀は防腐剤として体内に入ります。これら金属が脳や聴覚に入ってしまい不快な音を出していることもあります。

これらの原因が重なって耳鳴りを引き起こしている場合もあります。

予想外のストレスの場合も・・・

Sさんの耳鳴りのお話しに戻していきます。Sさんは働き盛りということもあり、ご自身の耳鳴りの原因が仕事によるストレスだと感じていました。キネシオロジー検査で原因を探っていったところ、1番の原因はストレスにありました。しかし、Sさんが考えていた仕事のストレスではなく、家庭でのストレスにありました。同じストレスでもストレスの発信源が違えば脳は対応していくことは出来ません。脳が何に対してストレスを感じているのか正しく認識することで体は反応し変化をしていきます。その他にSさんには聴神経での水銀の反応がありました。おそらく毎年打っているインフルエンザの予防接種の影響だと思われます。

なぜ短期間で耳鳴りが改善するのか?

2回目の施術あたりから耳鳴りの症状は、かなり改善してきました。1ヶ月経過し症状は完全に消失したということです。当院では薬などを使用する訳でも、何か特別なエクササイズをしてもらう訳でもありません。耳鳴りの根本的な原因を見つけて、脳にキヅキを与えることで自然治癒力を促していきます。そして血流や代謝、抗酸化を更に促進させることで症状が改善するまでの時短を可能にしております。病院にいってもなかなか治らない耳鳴りにお困りの方は当院までご相談下さい。本当の原因が分かりますよ!

医師・大学院博士も推薦する整体院

関連記事