愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋【なごみや】

内臓の循環やホルモンバランスなど体の中から歪みを整える整体院

  • 無題7
  • 0000553434.jpg
  • 0000553473.jpg
  • ホームページバナー5

HOMEブログページ ≫ 産後 ≫

Blog&症例報告

産後の骨盤矯正と育児ストレスの関係|愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋

500x0_58f9c5e9-d1d0-4e29-b122-678b0a01009f

妊娠中のママさんや出産したばかりのママさん方にとって

悩みの1つが産後の骨盤矯正をどうするか?

ネットや雑誌を見れば産後のさまざまな症状は

骨盤が歪んでいたり緩んでいることが原因だと・・・

またどこで骨盤を矯正してもらったら・・・

 

 

そんなママさん達の不安が

少しでも解消できるよう

本日は産後の骨盤矯正について

お話しさせて頂きます

 

 

こんにちは和屋院長の小田です

まず骨盤矯正を受けて頂く前に

妊娠後期から出産後に

骨盤がどのように変化するのかを

知って頂くことが必要です

 

 

妊娠中の女性の身体はお腹の中にいる胎児を

育て、守るようにバランスや骨盤の強度を保っています

妊娠中に股関節が痛くなるのは

胎児を守るために骨盤を強く固定しようという働きからきます

そして臨月となり、徐々に出産準備をしだします

赤ちゃんが下がってくるのは準備をしてるということです

いよいよ出産です

産道を広げて赤ちゃんが出てきやすいように

骨盤を緩めて、後傾させていくのです

この骨盤の動きがしっかりあることで安産になるのです

ここまでが出産までの骨盤の変化です

 

 

次に出産後はどう変化するのでしょう?

出産後は体内で育て守るという身体から

母として育児をする身体に変わっていきます

出産後に母乳が出るのも変化の1つですね

物理的にも育児をするための身体に変化し

おんぶに抱っこ、夜泣きやぐずりに対し

耐えることができるように

出産時に緩んだ骨盤を安定させるように

骨盤を閉じて締めていきます

 

 

「えっ!」ってなった方いません?

そう、出産で緩んだ骨盤は勝手に閉じます

 

 

ここまで一連の骨盤の変化は

ホルモンの働きによるものです

妊娠中の胎児の成長や出産、産後に合わせ

女性の体内では脳や臓器から

ホルモンを分泌調整し骨盤の状態をはじめ

体内を変化させていたのです

 

 

そのためホルモンバランスが取れていて

体内環境が安定さえしていれば

つわりもなく安産で産後の骨盤も

勝手に整ってくれるのが女性の身体の凄さです

 

 

出産はお医者さんが引っ張り出してるのではなく

赤ちゃんがはって出てきているのでもなく

お母さんの子宮や周りの筋肉を

波打たせ赤ちゃんを外に送り出しているのです

 

 

しかし、生活環境における

さまざまなストレスや感情により

ホルモンバランスをコントロールしている

自律神経が乱れ、妊娠から出産、産後まで

理想的に変化していく方は皆無の状態です

 

 

このように出産による骨盤の歪みや緩みを

骨盤そものもを矯正しても

あまり意味がないことは想像できますよね

骨盤は服やアクセサリーのように

身に着けているものではありません

身体の一部であって生きているのです

 

 

当院では身体をコントロールしている

自律神経の乱れを整えることで

バランスの取れていないホルモンを

正常な状態に戻していきます

ホルモンバランスが整うことで

イライラもなくなり育児のストレスから

解放されていきます

お母さんが安定することで

赤ちゃんのストレスも軽減し

夜泣きやぐずりもなくなりますよ

2018年10月27日 12:00

乳腺症の原因は・・・

20170621-4-1080x519

こんにちはなごみや院長のの小田です
本日は乳腺症に悩む30代後半の女性のお話しです


乳腺症は女性ホルモンである
エストロゲンや黄体ホルモンなどの
バランスが崩れたりすると起きやすくなる
ほぼ女性に限定される症状です


毎月女性には生理がありますが
みなさんもご存知の通り
生理がくるということは
身体の内で妊娠の準備をしていた
ということになります
(正確にはしていない場合もある)


妊娠の準備は子宮だけではなく
乳腺にも働いていて
生理前に胸がはったりするのは
この働きのせいになります


妊娠出産をしなくても
女性ホルモンは乳腺に対し
準備を毎月させていることになりますので
ストレスや生活習慣の乱れがあると
ホルモンバランスを崩してしまい
乳腺に何らかの悪影響を
与え続けるということになります


乳腺症に対してクリニックとかでは
基本、経過観察という処置になりますが
乳腺症になるということは
生理不順や多嚢胞性卵巣症候群などと
同じようにホルモンバランスに
問題があるということを認識してください


当院に来られた女性の話しに戻しますが
彼女は30歳前後に服用していた
お薬に対する反応があり
薬の影響により泌尿器系(腎臓)に
トラブルがありました
本人に確認したところ
トイレに行く回数も少なく
体内を循環した不要な水分を
排泄する力が弱っていたことが原因でした


経過としましては来院前は
歩く振動でも痛みを感じることがあったのですが
1回の施術で胸を強く押さえると痛みが出るが
普段の生活では
ほとんど気にならなくなるまで軽減したようです


先にも書いたように乳腺症は
ホルモンバランスの問題ですので
妊娠出産を望まれている女性は
クリニックで経過観察と言われたからといって
身体に何も問題がないといわけではない
ということを考えてください
ホルモンバランスが悪ければ
それだけ妊娠しにくいということですから

2017年08月31日 19:24

産後の体質改善で育児疲れ、腰痛、肩こり知らず

catch

本日は産後6ヶ月から
産後の骨盤矯正に来られた
Mさんのおはなし


Mさんはお一人目を出産後来院
現在1ヶ月ほど経過
当初はもともと気になっていた冷え性や
育児中のお母さんによくある
肩こり、腰痛もある状態で
産後の骨盤ケアのために
体質改善を提案させていただきました


検査を進めていくと
Mさんは免疫力も弱く
呼吸が浅いというのが問題でした


呼吸と骨盤の動きは
密接に関係しており
呼吸が浅く呼気が弱い人は
骨盤もしまらず安定しないんです


また呼吸が浅いことで
首、肩の筋肉が収縮してしまうため
肩こりを引き起こします


Mさんの場合まずこの1月ほどで
呼吸が大きくなってきて
骨盤と胸郭の動きにリズムが
出てきたことで肩こりと腰痛が
改善してきました


最近では睡眠も深くなったようで
疲労感をあまり感じなくなったと
嬉しい報告を受けました


体質をしっかり改善させるには
まだまだ時間は掛かると思いますが
少しずつご自身の身体で
体質の変化に実感が出てきたことと思います
2人目への意欲もより強くなってきたかなぁ

2017年03月23日 18:59

産後の骨盤矯正の真の目的

o0600040014059279564

今日は産後の骨盤矯正について
お問い合わせがあったので
みなさんの間違った解釈を
少し説明させていただきます


まずやはり骨盤を整えていくにあたって
回数を減らしたい


できたらお金も少しでも
抑えたい


その気持ちも分かりますが
「何回で?」「いくらで?」


答えは3ヶ月です
回数はその人その人で違います


でも決して私は強要するつもりはありません
みなさんの都合に合わせて
来ていただけたらいいと思います


あとは目的です


産後に骨盤を整えるのは
開いた骨盤を元にもどすためですか?


それは違いますよ!


すべて生まれたばかりの
赤ちゃんのためです


歪んで開いた骨盤をもどすことではなく
身体(骨盤)の機能の最適化させることが
産後の骨盤矯正の真の目的です
出産によって生じるホルモンバランスの変化で
ご自身の身体(骨盤)の機能は
著しく低下します


身体の機能が低下すると
人の身体に備わっている
解毒機能も低下します


解毒機能が下がれば
添加物、大気、ストレス、電磁波など
今では避けて通ることのできない毒素が
身体の中にたまっていき
血液を介して母乳として
赤ちゃんが摂取します


考えただけでも怖いですよね


そして開いたり歪んだ骨盤を
矯正だけしても機能は戻りません


ホルモンバランスを整えていくことで
身体の機能は回復していき
最適化されるのです


当店の産後の骨盤矯正は
ただ単に歪んだ骨盤の矯正を
目的にするのではなく
赤ちゃんの健康を1番に!
そのためにお母さんの健康を
取り戻すことを目的としています


またこれから妊娠を考えている女性
既に妊娠中のお母さん


赤ちゃんの健康を守るのは
出産前、妊娠前と早ければ早いほど
効果が高まります


赤ちゃんのアレルギーやアトピーをゼロに!


 

2016年12月24日 18:22