生理痛の原因となる自律神経の乱れと潜在意識 | 肩こり腰痛からアトピー・不妊症などの難治症状まで改善する愛知県大府市の自律神経専門整体院 和屋

ブログ&症例報告

生理痛の原因となる自律神経の乱れと潜在意識

生理痛などの婦人科のお悩みには

女性のとある潜在意識が関係していて

生理痛で当院に来院される女性の殆どの方が

体質改善を行うことで

生理痛の無い生活を手に入れています

 

こんにちは和屋院長の小田です

本日は生理痛、PMSにお悩みの

30代女性Kさんのお話しです

 

Kさんは子宮腺筋症により

酷い生理痛やPMSに悩んでいられました

また、当然のことながら

症状の状況から不妊という問題も抱えています

子宮腺筋症の改善には出産をすること・・・

というのが定説です

しかし子宮腺筋症の存在は

妊娠力を下げるというのも事実

生理痛やPMSを改善するためには

子宮腺筋症を改善することが必要・・・

 

病院の説明やネットで調べていくと

なんとも歯がゆいですよね

 

現在来院して1月ちょっと過ぎたところですが

体質改善を始めてKさんに最初の生理がきました

経過としてはPMSは殆どなく

生理痛も少しダルさが出る程度ということです

 

ではなぜKさんは1ヶ月で

このような結果を手に入れることが出来たのでしょう?

 

婦人科系のお悩みが強い方の特徴として

自律神経が乱れたことで

冷え症や低血圧などの

循環器の機能低下が上げられます

まずは代謝を上げ、熱量を増やします

次に血液の循環を良くして

温められた血液を全身に勢いよく流す

温泉街を思い出してください

掘削(代謝)して湧き出た温泉を

配管を伝って温泉宿まで流れていく

温泉街って全体的に蒸気に溢れて暖かいですよね

人体的にはこれで殆どの方の

生理痛は改善していきます

 

しかし代謝が低かったり

循環器の問題の原因は

個人個人で違ってきます

 

1番多いのが潜在意思での

女性としての否定や

理想の女性への強い信念など

「男性から強く異性として見られたくない」や

「女性はこうあるべきだ」などです

 

Kさんの場合も潜在意識のレベルで

母親に対する強い軽蔑があり

自分の中での反発した女性像が

出来上がっていたことが原因でした

 

まだ子宮腺筋症の改善とまではいっていませんが

生理痛でのストレスが無くなったことで

妊娠力はかなりアップしていると思います

Kさんは必ず素敵なお母さんになりますよ